「これまで」ではなく「ここから」 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 8月 29日 「これまで」ではなく「ここから」

こんにちは!

担任助手の別所です!

 

夏休みも残りわずかですね。

今回のテーマは

 

「受験生のとき秋から始めたこと」です

 

私は志望校対策基礎固め

こだわりました!

 

夏休みがんばってやっと基礎が

身についてきたのに

「まだ志望校に見合った実力はないから」

という言い訳で

合格への可能性を1%ずつ

自ら削っていくなんて

もったいないですよね。

 

当然ですが第一志望の過去問は難しいです。

最初はみんな解けません。

でも、解けないことに気づいて

諦める必要はないです。

 

とはいえ難しいからっていつまでも敬遠していては

合格できません。

 

ならどうするか。

 

食らいつくしかありません。

 

難関大とはいっても

正しい勉強をたくさんいていれば

全く歯が立たないことはないはず。

でもそのためには条件がありますね。

 

基礎が限りなく完璧に近づいていること。

 

かつてお世話になった担任助手に言われました。

 

「土台が大きければ、そのぶん大きな家が建つでしょ?」

 

自分にとってほしいものが大きいのなら

不安定だとしたら

そういう人こそ

その大きなものを支える土台作りは徹底するべきです。

 

私は夏休み中に、日本史を一通り復習して

まだ覚えきっていない箇所に印をつけておいて

9月からはそこを何度も繰り返して復習し

毎日一問一答で抜かりなく穴を埋めていきました。

 

国語と英語は毎日1〜2題は解いたし

古文単語、英単語は

単語帳を毎日欠かさず持ち歩き、

その一冊に書いてあることなら何でも答えられるくらい

精度を高めました。

 

8月末に基礎完成がみんな統一の目標ではありましたが

私は9月以降も志望校対策を本格的に始めるとともに、

基礎固めも1日たりとも手を抜かずやりました。

 

基礎が誰よりも固まっていた。

 

これは私の受験期における自慢です!!

 

昨日のセンター模試の結果は人それぞれだったと思います。

大幅に伸びた人

むしろ6月のほうが良かった人

いると思います。

 

しかしどんな結果でも

もうすでにそれは過去の話で

大事なのは「これまで」ではなく「ここから」です。

それだけは忘れないでください。

 

事実、私は夏休み全力で頑張ったのに

8月模試はボロボロでした。

でもそれがなぜだったか考えても仕方ないので

10月は絶対伸ばそう!!

その思いだけで勉強頑張ったら

10月は本当にA判定がつきました。

 

9月以降

何を優先してどのくらいやるべきか

悩みますよね。

担任助手も受験生のときみんなたくさん悩んできました。

だから安心して相談しにきてくださいね。

 

もうセンター本番まで5ヶ月です!

2学期も一緒に頑張りましょう!

 

 

武蔵境校  別所瑞希