併願校について 日比 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2017年 1月 19日 併願校について 日比

みなさん、こんちには!

武蔵境校の日比です

今日は併願校の過去問についてということで、

特に国立と私立を受験するパターンについてお話ししたいと思います。

 

国立受験者の中にも2パターンいると思います。

それは…

・絶対に国立・それ相応の私立に行きたい(浪人してでも)

・国立は第一志望だが、滑り止めの私立でもいい(浪人回避)

 

前者の場合、おそらく受験校は少ない(4,5校くらい)と思います。

私立については、それぞれ最低2年は解いて、

物足りなく思った科目はもう1年、という感じで自分はやっていました。

ちなみに自分の場合はセンター明けから解き始め、

2年間しっかり解けた大学→合格

解けきれなかった大学→不合格

と見事に分かれました。

 

後者の場合はやる量が必然的に多くなるので、

過去問の共通項を見つけてください。

例えば、似たような文法問題があれば、

その対策は大学ごとではなくまとめてやる、

といった具合に時間をかけすぎないよう意識します。

 

そして国立受験者へのアドバイス

ここからは自分の経験と大学に入ってから聞いた話を踏まえてのお話

もちろん不合格が怖くない人なんていません。

落ちた時のために、私立を受けることも作戦のうちだと思います。

ただ本当に第一志望の国立に行きたい人は下手に併願校を増やしたりはしません。

理由は単純で、

それだけ行きたいところに自分の熱を向けられないからです。

なんでもそうだと思います。

多趣味な人はいろんな知識を持ってるけど、その領域の専門家には勝てません。

 

なのでもう一度自分に問い直してみてください。

なぜ国立を受けるんですか?

そこに確固たる信念があるかどうかで最後か決まってきます。

結論としては 死んでも国立行きたい!! →併願の過去問は最低限。あとはひたすら国立対策!

浪人するくらいなら… →併願校の過去問は5年くらいはやる。

具体的な数値は答えられないので、みなさんの勉強の進捗に合わせてください。

 

最後の最後で強みになるのは、

どうしてそこに行きたいかです。

最後まで頑張ってくださいね( ^^)

 

日比