僕の受験生活における体重25㎏の増加とその原因 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 11月 8日 僕の受験生活における体重25㎏の増加とその原因

自分が行った体調管理法

 についてですね。

そうですね。

待っていました!

このトピックについて書くのをずっと待っていた、

江藤です。

 

皆さん受験とは恐ろしいものです。

僕は高3の7月~9月にかけて受験勉強のストレスで

体重が25kg増えました。!

 

BEFORE

↓↓↓

 

 

 AFTER

 

はい。ご覧の通りです。 

そしてそのまま減ることなく受験当日を迎えました。

そうなると何が問題か。

 

1. 服が着られなくなります。制服もそうです。

2. 階段上れなくなります。

3. キャラ崩壊します。(人間関係に変化が生じます。)

4. 一生癒えない傷ができます。(肉割れ。)

そしてなにより一番焦ったことは

過度な体重の増加の影響で

センター試験当日の朝

持病の発作が起きたということ。

幸い試験時間にはなんとか間に合いましたが

本当に焦り、後悔しました。

 

要するに何が言いたいか

体調管理なめるな

ということです。

 

僕の場合は主に“食”の問題でしたが

人によっては

睡眠の問題やその他精神的な問題もあるでしょう。

先月のブログで何事もバランスが大事といいましたが

正直受験期は多少私生活全般レベルで見たときに

バランスは崩れてしまうでしょう。

それは仕方ないことですが

収拾つかなくなるほどの崩れ過ぎはやはり問題でしょう。

 

20年近くともに過ごしてきた

自分の体のことを一番よく知っているのは

自分です。

勉強時間が尋常ではないほど増え

その分のストレス発散源として何かが偏ることは仕方ないです。

しかし偏より過ぎて体を壊してしまっては

今まで積み上げてきたものがすべて無駄になります。

計画も大幅にずれます。取り返しがつかないものです。

 

受験勉強最大の課題は広い意味で

自己管理です。

これがしっかりできない人は成功しません。

 

そのことをしっかりと理解したうえで

受験勉強がんばってください。

 

これといった体調管理法はありませんが

 

1.体調管理のため対策し得る限りのことをする。

(予防接種をうつ、寝るときはしっかりベッドで布団をかけて寝る、

マスクを着用する、手洗いうがいをしっかりする、

適切な量の食事を決まった時間にとり、十分な睡眠をとる...etc)

 

2.受験期だからといって

いきなり今までの生活習慣に過度な変化をあたえないこと

(もともと夜型だが早寝の習慣をつけたいとなれば

いきなり早朝に目覚ましをかけるのではなく

昨日より10分早く寝て早く起きるということを

徐々に行えば

2週間で2時間以上早く起きられるようになります。)

 

意識してみてください。

 

受験直前期に差し掛かる今だからこそ

後悔しないためにも

もう一度自分の健康管理・生活習慣

そして勉強面も含めた自己管理ができているかどうか

見直してみてください。

 

 

 

 

ちなみに心配しないでほしいのですが

僕はしっかりと大学生活を送るために

崩してしまったバランスを取り戻すために

受験後の1ヶ月で体重20kgほど落としました。

 

 

武蔵境校 担任助手

江藤良太

 

----------------------

2学期に入って

案外忙しい

学校のテスト、イベントをやっているうちにもう11月

そんな時間の使い方に困っているそこの君!

東進では時間をやりくりして学力を伸ばしている同級生がたくさん!

その秘訣を実感してもらえる

冬期特別招待講習

実施しています!

なんと東進自慢の授業、演習アプリを

無料で体験可能!

部活も学校生活も勉強も

全部頑張りたいみんなを東進は応援します!

未来をつかみたい君は下の画像をクリック!

 

 

過去の記事