冬休みの過ごし方の注意点 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 12月 7日 冬休みの過ごし方の注意点

大学では秋学期の中間試験も一通り終わり

ひと段落ついた江藤です。

 

なんといっても

冬休みですね!

私立ではもうテスト休みに入っていることですか?

都立はテストが終わってからも12週間学校が続きますか

それでも

クリスマス!大晦日!お正月!!

パーティー!プレゼント!そば!紅白!おせち料理!お年玉!初詣!

実にイベント盛り沢山な2週間です。

 

 

なんて思っている受験生は少ないでしょう。

 

 

もちろんセンター試験まであと一ヶ月。

気が付いたら二次・私大の入試です。

 

ならこの冬休みどう過ごすかわかっていますね?

 

しかし今までの長期休みと決定的に違うことが2つあります。

 

それは

この時期に勉強しない受験生はいません。

 

どんな適当な人もこの時期は勉強します。

 

そして人間

目先のこと、締め切りが近いと

ものすごい集中力を発揮するものです。

 

つまり

一番伸びる時期でもあります。

 

 

誰もが勉強して

最も成績が伸びる時期でもある

 

この2点から

冬休み・冬休み以降の勉強は

絶対にリズムを崩してはいけない

ということになります。

しっかりと毎日やるべきことをこなしてください。

 

 

それらができない理由があるとするならば

大きく2つ考えられますね。

 

1.やるべきことが多すぎたり

本番間近ということで勉強に逆に手がつけられなくなっていたり

しているから。

 

これに関しては一度冷静になり

優先順位をしっかりつけてください。

1点でも多くとれる方法を考えてください。

1点でも多くとれる勉強をしてください。

そして基本的には

多くの問題に触れる・知る

よりは

確実に正解できる問題を増やすです。

欲張らないで絶対ここだけは取るという分野・問題を完璧にしてください。

 

 

2.体調を崩したから。

 

これです。

これが一番の敵です。

どんなにまじめに頑張っていても

体調崩したらその日は勉強できません。

少なくとも非常に効率が悪くなります。

先ほども言いましたが

この時期はどんな人も勉強します。

どんな人も勉強のことが頭から離れることはありません。

体調を崩して寝込んでいる人を除いてはです。

非常にもったいないです。

 

したがって

手洗い・うがいをこれでもかと思うほどしましょう

勉強にちょっと疲れたら手洗い・うがいをして息抜きをするのもいいのでないでしょうか。

当然ですね。

あと2点。

この時期の敵は

寒さと乾燥です。

絶対常に暖かくしていること。

湿度を保つことです。

暖かさは服やエアコンで調整

湿度は加湿器やガムや飴で調節してください。

 

 

これらの対策をしっかりすれば

リズム崩すことなく

しっかりと勉強ができます。

 

そうすれば必ず点数は伸びて

確実に合格に近づきます。

 

自信をもって勉強頑張ってください

 

 

武蔵境校 江藤良太

 

----------------------

2学期も終盤

案外忙しい

いつの間にか12月で冬休みも間近、、、

そんな時間の使い方に困っているそこの君!

東進では時間をやりくりして学力を伸ばしている同級生がたくさん!

その秘訣を実感してもらえる

冬期特別招待講習

実施しています!

なんと東進自慢の授業、演習アプリを

無料で体験可能!

部活も学校生活も勉強も

全部頑張りたいみんなを東進は応援します!

未来をつかみたい君は下の画像をクリック!

過去の記事