報われない努力はない | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2017年 11月 24日 報われない努力はない

 

こんにちは!別所です!

 

 

受験生のみなさん
昨日の記述模試お疲れ様でした!

 

低学年のみなさんも
来月には今年最後の
センター試験本番レベル模試がありますね!

 

ということで今回のテーマは

 

「模試の振り返り方法」

です!

 

See Plan Do の徹底

これに尽きると私は思います。

 

①See

これは模試の当日に必ずやりましょう!

わかりやすいのは自己採点ですね。

各科目 どこがどれくらい伸びたか

間違えたところは何が原因で間違えたのか。

 

意外と大事なのが

伸びたところはなぜ伸びたのか!

 

その模試の得点が
全体で見てどんなに悪くても
たとえ下がってしまったとしても

伸びたその箇所は
確実に自分が何か行動した結果
結びついた実力です。

 

では
そこを伸ばすためにどんな努力をしましたか?

それを思い出してみてください。

そしたら
苦手なところや伸び悩んだ分野も

同じように行動したらいいのです。

 

②Plan

良かったところ、悪かったところ、
それぞれの要因を分析したら

今後の勉強に生かすために
具体的に計画を立てましょう。

(受付で言ってもらえれば
計画表なるものはいくらでも渡すので
気軽に言ってください。)

 

受講や高速基礎マスターは

少しでも早く基礎を身につけ
完全修得後もテストを受けて
確実に力をつけるため

当初の予定から遅れてしまっているなら
そこを修正する。

 

その際、なぜ遅れたのか明確にして
改善点を踏まえて計画を立ててください。

 

そして、模試を受けて分かった
自分の弱点。

これを解決する方法は人それぞれです。

 

たとえば

単語を覚えきっていないのが原因なのは
明らかだから毎日高速基礎マスターやろう

とか

数学の基礎は出来るけどその先がどうしてもできないから大問別でやったものを徹底的に復習しよう

とか

現代文は二択までしぼれるけど
正解するのは難しいから
解き方確認するために再受講しよう

などなど。

 

ここを考えるのがとても重要です!

でも
本当にそれでいいか
自分だけでは不安ですよね?

だから
模試後の担当者との

合格指導面談があるんです!!

分析した結果どうしたらいいか

自分なりに考えて
面談に臨んでくださいね!

 

③Do

ここまできたらあとは②で決めたことをやるのみ!

といいたいところですが

1番にやるべきなのは

自分の強みや弱点に気づかせてくれた

その模試の復習!

 

ここには存分に時間をかけてください。

だって
1度みたことある問題や
間違えた問題を

本番で
あ〜なんかこれ見たことあるな〜
あの時たしか間違えたな〜
あれどうやって解くんだっけな〜

なんて思いたくないですよね?

 

模試や演習で間違えたなら
間違えたことに感謝して

今度は絶対に

間違えない!!!

と決意してください。

 

で、そのために具体的にどうやるの?

って思いますよね。

 

この点について
私も受験生のとき色々試してみましたが
特に
「これはやってよかった」
と思う模試活用術を紹介します。

 

日本史についてですが、他の科目にも
通じるはずなので
日本史を使わない人もぜひ
最後まで読んでください!

 

まず
間違えたところで
「これはもともと知らなかった」
逆に言うと
「知識がありさえすれば出来る」

と思ったものはすべて
愛用していたテキストやノートに

書き込みました。

その様子がこちら。

 

 

 

 

そして
「漢字が分からなかった」
というものについては
超拡大バージョンを書き込みました。

その様子がこちら。

 

 

また
「ここは人物と出来事がごちゃごちゃになりやすくて頻出だから確実に頭を整理しておくべきだな」
と思ったものは

解説冊子の
まとめてある部分を切り取って
貼りました。
(もちろん手書きでまとめても良いですが
私はその時間が勿体ないと思ったので)

その様子がこちら。

 

こんな感じですね。

 

みなさん
「なんじゃこのテキスト…

ごちゃごちゃで汚い…」

て感じましたよね笑

 

でも、
自分が合格するためのテキストです。

 

自分が分かればそれでいいし
世界に一つだけの
自分のためだけの
何万円出しても買えない
そんなテキストを持って
本番の会場に行きたくないですか?

 

ちなみに私は日本史は

通期の講座パート1、パート2と
文化史1と2、戦後史
テーマ史1と2

を取得していましたが

すべてのテキストのすべてのページ
すべてのノートのすべてのページ

写真のように
ごっちゃごちゃで汚いです。笑

 

でもそれを握りしめて
センター試験会場に向かいました。

応援に来てくださった日比さんに

「歩きながら勉強して事故らないようにね」

って言われても
そのテキストを
自分が書き込んだメモを
最後の最後まで見続けました。

 

弱点だったから
間違えたから書いたメモなのに

いつの間にかそこは
「ここなら何聞かれても絶対答えられる!」
という得意分野に変わっていました。

 

日本史にしぼって説明してしまいましたが
全ての科目で通用する話だと思います。

 

最後に
日本史の金谷先生に
頂いたサインを自慢しつつ

みなさんにエールを送ります!!

 

報われない努力はない!

今日も頑張りましょう!!

 

 

武蔵境校 担任助手 別所瑞希