文化祭と両立しながら敵をうかがう | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2017年 8月 5日 文化祭と両立しながら敵をうかがう


こんにちは!小林です。

アボカドです。

 

今回のテーマは、夏休みにやっておけばよかったこと

私からは

その瞬間に集中すること

志望校の過去問を解くこと

この2点をお話ししたいと思います。

 

その瞬間に集中すること

文化祭の準備が本格化してきました

ある生徒たちが言っていました

「勉強したいのに、準備が忙しくてなかなかできない~」

「準備しながら早く東進行きたいって思っているんですよ」

文化祭の準備と夏休み中の勉強の両立で

とても苦労しているようです。

勉強をしたいと思う一方で、

クラス一丸となって準備を進めるため

協力しないってわけにもいかない。

 

その瞬間に集中してください。

人生最後の文化祭!たのしんでほしい。

準備の時は準備に100%集中してください。

夏休み中の勉強!充実させてほしい。

勉強の時は勉強に100%集中してください。

いろいろ焦るときも、

その瞬間に集中してみたらよいのではと思います。

そうすればきっと両立できるはずです。

 

志望校の過去問を解くこと

私は高校三年生の夏、志望校の過去問を解きませんでした。

ただ眺めて、解いた気でいました。

このことを激しく後悔したのは

2次対策を本格化させた時でした。

特に、社会(日本史)です。

記述でした。

例えば、鎌倉時代の政治の推移をかけ、のような問題です。

私が記述の対策を本格化したのはセンター後です。

はじめて自力で記述したとき、それはそれは絶望しました。

なんでもっと早くこんなに手ごわいことを知らなかったのだろう…

 

もし、センター対策を本格化したときに

志望校の過去問を解いていたら

センターの問題を解きながら、志望校対策もできたなと思います。

例えば、鎌倉時代の政治の推移をかけ、だったら

センターの問題で、鎌倉の政治についての問題がでてきたときに

あ、ここらへん二次の記述で出ていたなー

ノートに推移をまとめておこう!

それで、少し時間はかかりますが、

教科書や資料集をみてノートにまとめる。

そして、センター対策中にまた鎌倉の政治についての問題がでてきたときに

ノートを確認する

それを繰り返していけたらよかったのかなと思います。

私立の過去問も、問われる深さ、どれくらい細かいところまで問われるのか

どの問題が絶対に落としちゃいけないのか、把握できます。

最終的なレベルを知ったうえで、

センターの問題に向き合ってみたら、

センターと共に志望校まで見えてくるはずです。

 

ちなみに、私が夏に志望校の過去問を解かなかった理由

目の前の受講や大問別しか見えておらず、

のことをちらっしか見ていなかったためです。

先のことをしっかり見るには、

生徒説明会に行って、

今本当に何をすべきか、それはなぜなのか

教えてもらうことが一番良い方法だと思います。

 

あと、志望校過去問を解くにあたり、ある生徒が言っていました。

「解けなさ過ぎてショックを受けるのイヤなんすよねー」

 

はじめはみんなできないさ!

だから対策したもん勝ちだとおもうよ!

早くから敵がどんな感じか知っておいたほうが

対策はねりやすくない??

と言いたいです。

 

もしショック受けたら、私が励ましたいと思っているので、

ぜひ怖がらず、敵の様子をうかがってみてください。

 

次の投稿者は、元気!笑顔!ハッピー!吉田さんです!