模試ってどうやって生かせば良いの? | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 11月 19日 模試ってどうやって生かせば良いの?

高3生のみなさん
過去問は11月末に10年分終わりそうですか?

低学年のみなさん
高速マスターすすめてますか?
時間割通り受講できてますか?

今日のブログ担当は別所です。

今回のテーマは模試の振り返り方法ということで

大事ですよね〜、復習。

模試は終わった1秒後から過去のものと化すので
いつまでも結果に一喜一憂しているのは
よくないですよね。

でも過去の模試を生かして
次につなげることはとても大事です。

というかそのために模試って受けますよね。

だけど具体的にどうすれば良いのか
私も受験生のときすごい悩みました。

でも思ったんです。

そういうのは人に聞くより自分で編み出したほうが確実だと。

だって1番よい勉強のしかたって人によってちがうでしょ?

記憶力がいい人、悪い人

書いて覚える人、読んで覚える人

単語を勉強したほうがいい人、長文を勉強したほうがいい人

それぞれみんな違うんだから
模試を受けるたびにどうやったら次の模試に

そして入試につながるか

見つかるまで何度も自分と向き合って
これだ!と思った方法を信じて続ければ
それが正しい振り返り方法です。

 

なのでこのブログでは
私がやっていた方法を紹介します。

まず悪かった模試については
なかったことにします。

今井先生の授業受けてる人は分かりますよね?笑

模試を受けたら帳票が返ってくる前に
その日のうちに必ず自己採点して

長くても2日以内で全教科復習して
どこができなかったのか把握したら、
それで終了です。

落ち込んだところで何も変わりません。
だから模試ができなかったときは、

その中でも少しでも伸びたところを探して
どうしてここはできたのか
それを考えるんです。

そこを伸ばすために何をしたのか

それを考えるのが正しい模試の振り返りだと思います。

結果には必ず要因がある。

伸びた要因が見つかったら、
その時の自分の真似をして
苦手な分野や出来なかった分野でも
同じことをすれば良いんです。

そうすれば必ず伸びます。
当たり前でしょ?
伸びたときの感覚をつかんで
それを苦手なとこに生かしてるんだから。

 

具体的に日本史の例でいきます。

私は模試をうけていて2択で迷ったり

なんとなく聞いたことあるけど

確実じゃない知識が多いことに気づきました。

 

そこでどうしたかといいますと

過去問演習や模試を復習しているとき

少しでも記憶が曖昧だなと思ったら

テキトーにゴロをつくって

テキストにでっかく書き込んで

絶対に忘れないように工夫しました。

 

ゴロ以外でも

覚えといたほうが良いなと思ったら

貪欲にテキストやノートに書き込んで

知識を1つでも多く増やしました。

 

漢字ミスで悔しい思いをしたときは

その漢字をノートの半分くらいのでっかい字で

間違えた悔しさと

次は絶対正解してやるという気持ちを込めて

濃く濃くノートに書いておきました。

 

きったない字でいいんですそんなの。

自分が分かれば。

私が使っていたテキストやノートを見たら

きっとみなさんドン引きするレベルで

汚いです。笑

 

でもその文字でいっぱいになった

テキストやノートのおかげで

曖昧な知識や

わかりそうでわからない問題が減っていき

次に受けた模試で一気に点数が上がりました。

 

それで勢いづいて

入試直前までその方法を変えませんでした。

 

ちなみに苦手なとこだけじゃなくて
いつもできてるのになんかいきなり英語読めなくなっちゃったとか
そういった現象が起きたときにも同じことが言えます。

正しい方法は自分で見つけるのが良いとは
言いましたが
その際人のやり方を参考にするのはとても良いことです。

現に私も英語の今井先生がおっしゃっていた言葉を参考にしましたからね。

 

高三生のみなさんは
模試も残りわずかになってきたことでしょう。
それでも1つ1つの模試を最後まで丁寧に真剣に。

試験監督をしていて思いますが
試験中寝るなんてありえないですからね。

低学年のみなさん
時間はあるようで本当にすぐに過ぎ去ります。

12月から本格的に受験生ですよ。
中3なり、高1なり、高2なりの勉強じゃなくて
そろそろ受験生として勉強してね。

それができたら
4月には、周りの友達との差が大きく開き
何年後か入試直前になったみなさんを
支えてくれるでしょう。

保護者も学校の先生も
担任も担任助手もみんな
応援してるし全力で指導します。

でも最後に自分の助けになるのは、
頑張ってきた過去の自分です。

入試を受けるのは自分しかいないんだから。

センター試験まで、そして同日まで
あと2ヶ月をきりました。

どれだけの緊張感をもって普段の勉強に臨むかで

試験結果は決まっていきます。

 

絶対に合格してやるという気迫を持ち続けて
直前の今こそ
今までにない全力をみせてください。

 

 

武蔵境校 別所瑞希

 

 

----------------------

2学期に入って

案外忙しい

学校のテスト、イベントをやっているうちにもう11月

そんな時間の使い方に困っているそこの君!

東進では時間をやりくりして学力を伸ばしている同級生がたくさん!

その秘訣を実感してもらえる

冬期特別招待講習

実施しています!

なんと東進自慢の授業、演習アプリを

無料で体験可能!

部活も学校生活も勉強も

全部頑張りたいみんなを東進は応援します!

未来をつかみたい君は下の画像をクリック!

 

 

過去の記事