模試の意義? | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2017年 6月 16日 模試の意義?

皆さん、こんにちは!

浅草を満喫してきた山口です。

今回は、6月模試に向けて、ということですが

①この模試の受験勉強における意義

②当日受験する意義

についてお話したいと思います。

①:この模試がこれからの受験勉強おいて果たす意義とは何なんでしょうか。

私は、一つには今後の勉強の方向性の策定にあると思います。

自分が試験でできなかった教科・分野を踏まえて、今後の勉強はどういった事をしていけばよいかが決まるはずです。

特に、国公立志望の方はそろそろ、センターと二次試験の勉強のバランスを考えていかないといけない時期であると思います。

その意味で、センターをいつまでに完成して、二次の勉強をいつから始めるのかという計画立てをする際に、やはり必要なのは自分の現状のセンターの出来具合であり、そうした学習の指針を手に入れられるのがこの模試です。

従って、この模試での得点率が良い悪いかはさして重要なことではなく、むしろ持つべきは「この模試で自分の弱点を把握しよう!」という姿勢です。

そのためには、当日受験は必須ですよね。

②:当日受験する意義についてですが、これについてよく聞くのは、「別に後日受験や個別受験で自分の都合の良い時でいいじゃん」という意見です。果たして本当にそうなのでしょうか。

①の部分でも書きましたが、そもそも模試とは学習の指針を得るためにあります。そして、実際の試験感覚を体感するためにもあるのです。例えば、「緊張して数学で計算ミスを連発してしまった」や「国語の時間が足りなかった」という感覚は、試験場で「本気」で試験を受けないと得られないと思います。

そして、そうした経験を踏まえて例えば今後の学習で、「数学は少し時間の負荷をかけて解こう!」などといった対試験本番向けの勉強ができるようになると思いませんか?

ということで、先程の「後日や個別でもいい!」という意見は間違いであることが証明できましたね。

次の投稿は、矢野君です!

矢野君の6月模試のお話、お楽しみに!

————–

夏期特別招待講習

申込み受付中!

今なら

90分×5コマの授業

最大4講座まで無料受講可能!

上記の画像をクリックして早速申込み!

一気にスタートダッシュを切って

志望校合格、夢の実現に近づこう!

いつも映像授業で見ている

あのカリスマ講師が武蔵境校に!?

今回生徒から大人気の

今井宏先生が武蔵境校で講義をしてくれます!

定員制のためお急ぎください!

以下の画像をクリック!

武蔵境校にはどんなスタッフが?

スタッフの紹介はこちら!