「人、ことば、文化と出会う。①」 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

2014年 6月 4日 「人、ことば、文化と出会う。①」

大学生になってからはや2ヶ月が経ちました。早いものです。

この2か月を振り返ってみると、高校では決して会うことのできなかったような人との出会いを多くすることができたなぁ、としみじみ思います。

私の通う東京外国語大学には、国籍、年齢を超えた様々な学生が勉強しています。私もこれまでに、アメリカ、イギリス、ドイツなどの大ききな国の人はもちろん、ロシア、グアテマラ、キューバ、メキシコから来た学生など、普通だったら出会えないような国籍の人々とお話する機会がありました。

彼らについて共通していることは、皆自分に日本人が持たないような強い自信を持っていることです。彼らは話す時、必ず相手の目を見て、慣れない日本語であっても堂々と話しかけてきます。

彼らのような外国人と会って話すたび、私は日本人として、自分がいかに狭い世界と価値観で生きてきたかに気づかされています。

既に、私の思考の様式は大学に入学した時から大きく変わりました。

これから、大学で勉強していく中でどのような人と出会い、自分の中の思考様式がどのように変化していくのか、今から楽しみで仕方ありません。

武蔵境校

福江幸喜