「書く」ことの力 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2013年 6月 21日 「書く」ことの力

こんにちは!

いきなりですが、皆さん!「書く」ことは好きですか?

好きという人、あまり好きではない人と、それぞれいると思います。

でも私はこのことは、国語の点数につながると思っています。

 

私はもともと国語が苦手で、模試や、学校のテストなどでもあまりいい点数をとることはありませんでした。

でも!!高3の夏頃から点数が上がり始めました!

昔から書くということ自体はわりと好きだったのですが、受験を終えて、

なぜ国語が得意になったのだろう。

と考えたところ、1つの答えが見つかりました。

それはズバリ…!

毎日かかさず書いていた部活日誌のおかげです。

高校3年間陸上部に所属していたのですが、入部した日から引退した日まで、毎日練習の日誌を書いていました。

当時は、毎日書くことが意外と面倒だったりしたのですが、今思うとこの毎日の積み重ねが私の国語の点数を上げてくれたのだと思います。

受験を終えた今だからこそ、毎日書いていた部活日誌の力に気づくことができました。

 

今は目に見えなくても、何か月後か、何年後かに結果としてあらわれるものは多いと思います。

今国語が苦手だ!という人は一言でもいいので毎日ちょっとした日記を書いてみるのもいいかもしれませんね。

 

焦らなくていいんです。努力したことはいつか必ず結果となってあらわれます。

大切なのは毎日継続すること。

簡単なようで意外と難しいですが皆さんにもぜひ、何か毎日継続していってほしいです。

 

 

武蔵境校 松苗結以子