インプットとアウトプット | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2012年 12月 17日 インプットとアウトプット

昨日、東進の受験生は地歴千題テストを行いました!名前の通り、千題の問題をひたすら解いていくのです!大晦日には、受験生だけでなく低学年のみなさんも、英語の千題テストもありますので、頑張ってもらいたいです。

この直前期に1000題もの基礎問題を解くことはとても効果のあることです!みなさんは普段勉強しているときに、暗記を一生懸命すると思います。でもそれだけで終わってはいけません。覚えた知識を実際に問題を解いたりすることで使っていく=アウトプットをすることによって暗記が定着するのです!

たとえば、英語においては、普段皆さんは単語の勉強をしていると思います。でも、単語帳を一生懸命覚えるだけではなかなか覚えにくいと思います。そこで東進生が活用しているのは高速基礎マスターです。画面に英単語が出てきて、その下から適切な和訳の選択肢を選ぶというもので、それを大量に演習していきます。問題形式であれば、〇×で判定が出るので、自分が覚えきれていない穴も埋められますね!間違った問題だけをリストアップしてくれるMy単語という機能もありますので、みなさん活用しましょう!それに、演習のスピードが速いので、効率も良いです!英語に関しては、はじめからの基礎単語1200⇒英単語センター1800⇒英熟語センター750⇒英文法750⇒基本例文300、と続きます。アウトプットは、インプットよりも時間がかかるものですが、高速基礎マスターを使うことによって短時間で単語が定着します。

東進生は高速基礎マスターの早期修得が大切です!一緒にがんばっていきましょう!