サポーターの力 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2013年 1月 10日 サポーターの力

こんにちは!

センター試験までの日数も一桁になりましたね。残りの数日間で自分の得点を最大化する学習方法を考えて、最後まで努力し続けましょう!

不安にとらわれている暇はありません!受験は公平です!みんな同じ!

 

さて、本日は約1か月前に行われたサッカーのクラブワールドカップから、興味深いと思ったことを紹介します。

クラブワールドカップとは、毎年開催されている世界一のクラブチームを決める大会です。

今大会の決勝は欧州王者チェルシーと南米王者コリンチャンスの一戦でした。

欧州王者チェルシーはスター揃いのビッククラブで、多くの人がチェルシーが優勢だと考えていたでしょう。

しかし、結果はコリンチャンスが1-0で勝ちました。

試合内容はほぼ互角で良い試合だったのですが、コリンチャンスが後半の決定機でしっかりゴールを決めて、そのまま逃げ切りました。

チェルシーも何回か決定的な場面があったのですが、決めきることができませんでした。

 

自分がこの試合を見ていて感じたのは、圧倒的なサポーターの応援の差です。

決勝の直前に行われた3位決定戦の時から、スタジアムの中では何回もコリンチャンスサポーターの大合唱が聞こえました。全く関係ないチームの試合なのに、です。決勝ではスタジアム中がコリンチャンスサポーターに埋め尽くされていました。

一方のチェルシーは、直前に監督の交代などいろいろな問題があり、サポーターの数が少なくて応援の声もほぼ聞こえませんでした。

決勝は終始コリンチャンスの応援が聞こえてきました。

あるコリンチャンスサポーターはこう言いました。

「車はいつだって買える、仕事はいつだって見つけられる。しかしコリンチャンスが世界一になる瞬間は今しか見られないんだ!」

実はコリンチャンスサポーターの中には家や車などを売ったり、仕事をやめて応援に来ている人々がいたのです。

自分の身を削ってまで誰かを応援するという姿に非常に感動しました。

みなさんの周りにも必ずサポーターがいると思います。当たり前の存在で意識することは少ないかもしれませんが、その力はとても大きなものです。

全力で支えてくれている周りの人に感謝し、入試本番ま全力で勉強し続けましょう!

そして、受験が終わったら一番身近で支えてくれている家族に「ありがとう」と一言、感謝しましょう。

柳沢