スタート⑦(ルブテ) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 5月 30日 スタート⑦(ルブテ)

「位置について、よーい、ドン!」スタートの合図で、僕は目が覚めた。「夢か。」心臓の鼓動は鳴り止まない。気づいたら汗をびっしょりとかいている。夢の中だというのに、なぜこんなにも緊張していたのだろう。そんな自分に少し呆れてカーテンを開けると、、、

どうもこんにちは!ルブテです。今月2回目の投稿となります。

なに?僕のブログを2回も読みたくない??そんなことは言わせない!!3回でも4回でも投稿してやる!(謎に強引)

さて、今回のブログは幾分クレイジーな始まり方にしました。というのも今月のテーマは「スタート」、今月も残すところあと2日!ということで、思い切って「書き出し」を工夫して小説チックにしたのです。内容もスタートを絡めたんですよ?えっへん。

ん?意味分かんないって?

「書き出し」は文章の「スタート」です。書き出しにインパクトがあると、引き込まれます。数々の偉大な名文も、書き出しが心に残ります。書き出しは、言ってしまえば読み手の「文章に対する期待度」を左右するのです。稚拙な小説風書き出しを書いた僕が偉そうにいうのもあれですが…(笑)あ、あれの続きは最後に書きます!(笑)

これは他のことにも置き換えられるかもしれません。音楽でも、イントロがカッコイイと本当に良い曲だったりしますよね。映画も最初の3分間が面白いとそのあとの展開にワクワクします。

要するに「人に何かを伝えるとき、始まりを工夫することが案外大切なんだと思う」ってことが言いたいんです。当たり前かもしれませんが、これが意外と難しいんですよね。

スタートのインパクトは、その後を左右します。前回のブログで、「大事なのはスタートそのものではなく、努力の継続である」的な話をしたので矛盾しているように思うかもしれませんね、、。そこで、僕は「スタート」に対して結論を出しました。

「その後の展開(継続できるか否か)を見越して、始まり(努力のスタートダッシュ)を力強いものにする。それこそが、良いスタート。」

僕が今月いきついた結論です。僕は気分屋なので来月になったらこの考えは変わっているかもしれませんが(それじゃダメだろ!!)、

スタート(書き出し)の工夫が大切ということと、継続は力なりという2つのテーマはルブテの信念(?)として残ると思います。

そんなことで、書き出しのつづきを少々、、、。

→そんな自分に少し呆れてカーテンを開けると、外はまだ暗かった。かすかに雨の音が聞こえる。きっとまだ早朝だ。もう一度寝ても、授業には遅れまい。「あの夢のつづきを見よう」目を閉じると、目覚まし時計が鳴った。どういうわけか、時計の針は授業の開始時刻を指している。

ダッシュで支度して向かわなければならない。「位置について、よーい、ドン!」心臓の鼓動は鳴り止まない。

 

ひゃ~、はずかしっ。へたくそですみません。

では!皆さん!校舎で会いましょう!

武蔵境校 担任助手

ルブテ啓誠