スタートダッシュを切ろう!(酒井) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 2月 10日 スタートダッシュを切ろう!(酒井)

東進武蔵境校では2回にわたりスタートダッシュ説明会というものを行いました。

この説明会ではスタートダッシュが大切という話を東進生の皆さんにしました。

そしてこの説明会に参加してくれた東進生は

スタートダッシュを早い時期から切り、冬休みから春休みにかけて

 

基礎の完成

主要三科目(英、国、数)

 

の完成をしなくてはいけないということがわかっていると思います。

 

ここで少し視点を変えて

 

スタートダッシュ

早期に学習を始める意味

 

を考えてみましょう。

 

どのように勉強したら皆さんは

 

他の受験生と差をつけ

 

受験の倍率に勝つことができる

 

と思いますか?

 

毎日計画立てしてしっかり受験までのカレンダーを意識して勉強する

休みの日は12時間以上勉強する

予習復習を徹底する

 

これらのことを完璧にこなしたら他の受験生に勝てるでしょうか。

 

 

 

 

 

答えはNOだと思います。

 

なぜかというと他の受験生もこれらのことは意識しています。

そして担任助手の先生や学校の先生もこれらのことを受験生に言うでしょう。

 

 

じゃあ何が他の受験生との差をつけるのか

 

 

そう、勉強を始める時期です。

 

 

時間は誰が何をしても変えることはできません。

ゴールはもう決まってしまっているのですから皆さんが変えられるのはスタートの時期です。

 

時間は誰にも変えられない

 

からこそスタートダッシュが大事だと東進では口酸っぱく言うのですね。

 

スタートダッシュが大事だと理解した皆さんは思うだけではなく

実際に行動を起こしましょう。

そして他の人と圧倒的に差をつけて新学期を迎えましょう!

 

 

武蔵境校 担任助手 酒井