センター試験について⑨ | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 1月 25日 センター試験について⑨

こんにちは!ルブテ、久しぶりの投稿です。よろしくお願いします!

センター試験からちょうど一週間経ちましたね。受験生のみなさんは、色々な思いで、この七日間を過ごしたと思います。

上手く切り替えられた人もいれば、なんとなくスイッチが入らなくなった人もいるかもしれませんね。

センター試験に対して抱いた感情は人それぞれだと思いますが、皆さん全員に言えることは「本当の勝負は、これからだ!」ということ。

過去にとらわれてはいけません。せっかくここまで努力してきたのに、もう過ぎてしまったことのためにそれを無駄にするなんて、ナンセンスですよ。

過去問で良い点数を取っても満足せず、反対に悪い点数をとっても課題点がみつかって良かったと思うようにしましょう。要は、常に平常心でいようということですね。感情は受かったとき、喜びとして爆発させるためにとっておきましょう。

では最後にみなさんに一つだけ、本番前に伝えたい言葉を書きます。(皆さんの本番までにもう一度ブログを書けるか分かんないので)

「できないことのために、できることまで、できなくなってはいけない。」    

です。ん?もう一回?

「できないことのために、できることまで、できなくなってはいけない。」

本番では、何が起こるかわかりません。途中でわかんない問題が出たり、得意の教科で上手くいかなかったり、体調がさえなかったりと、

思い通りいかないこともあると思います。でも大事なのはそこからです。失敗した問題があっても、それで焦って他の問題を落としてはいけません。

何が起こってもみんななら大丈夫です。受かると信じて、とにかくベストを尽くしましょう。

 

受験生にとっては今が一番”美味しい”ところなんです。本番は緊張すると思うけど、それこそ受験の醍醐味だと思います。緊張をはねのけて、志望校が出す2015年度の問題を堪能して下さい。

 

ではでは!

 

武蔵境校担任助手

ルブテ啓誠