低学年の間にしておけばよかったこと | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2018年 10月 29日 低学年の間にしておけばよかったこと

こんにちは

担任助手の浜中です。

秋も終わりに近づき

 

寒いですね。

 

布団から出たくないです。

さて今回は

低学年の間に一番しておけばよかったこと

をお話ししていきたいと思います。

3年生でこのブログを見た人は確かに

と思う人もいると思います。

でも、どんだけ先輩が言っても

部活もあるし行事も忙しいしで

結局大半の人は同じ後悔をすることになります。

だからこそこのブログを見たひとりでも多くの人に

そんな後悔をしてはいけないということを

伝えたいという強い気持ちをもって

このブログを書きたいと思います!!

 

 

まず高校1年生

そろそろ高校にも慣れてきた頃だと思いますが、

そんな時に一番大事にしてほしいことは

日々の小テストだけでもしっかりやることです。

英単語テスト、漢字テストなどいろいろあり

勉強しても実際あまり頭がよくなっている実感は

ないですし、やりたくないという人もいると思います。

でも自分が思うに、小テストの勉強の積み重ねは

問題演習が徐々に始まる2年生で

効果を発揮します。

時間はかかりますが1年生には頑張ってほしい!!

2年生は、理系・文系が分かれはじめ

自分の将来に特化した科目を勉強することになります

そこで

理系の人には

2年生のうちに数学1.A・2.Bの範囲は

しっかりと理解することです。

早い高校は数Ⅲに入り始めますし

2年生のうちに習得することは

第一志望校合格への近道です。

どちらにも該当することですが

英語は必ず高2の3月31日までに

完璧にしましょう。

英語が早く終わるとほかの教科に

回すための時間が増え点数の

底上げにつながります。

英語をマスターし自信を持って

受験に臨むのが一番です。

たくさん書いてきましたが

とにかく3年生までに基本的なことはマスターし

自分が一番行きたい大学に近づき

3年生で

あの時やっておけばよかった

なんて後悔することのないよう

今努力しましょう!!!!!!!

以上 浜中でした。

次のブログは杉原さんです。

お楽しみに