倉谷受験時代の秋~両立は解決を生む~ | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 10月 8日 倉谷受験時代の秋~両立は解決を生む~

おはようございます!

東進武蔵境校 校舎長の倉谷です。

さて秋も深まり10月なわけで、

!!突然ですが!!

倉谷の受験時代の秋

聞いてくれませんか?笑

\聞いちゃいねぇよ/

そんな声が聞こえそうですが

ちょっとお付き合いください

みんなにも役に立つ話につなげるので

 

それでは

はじまりはじまり~

 

 

倉谷の受験時代の秋

はるか7年前の記憶ですね

ずっと続けてきたサッカー部

その引退が96日でした

(サッカーやラグビーは部活引退が遅くて有名ですね)

倉谷もそれに漏れることなく

9月までが入り混じる球体を追いかけてました

↑高校の時の写真が無かったので大学の時の写真です!

頑張ってよさげな写真探しました(笑)

 

引退してその日は

部活仲間と泣き合い笑い合い

そして家でももう少し泣いて(笑)

翌日

倉谷少年は朝から3コマ受講していました!

\切 り 替 え は や く ね ! ?/

そんな声が聞こえそうですが

いえいえ、切り替えもあったんでしょうが

それが私の普通だったからです

倉谷は「並行(両立)の鬼」でした

高2の2月、冬の大会中全く東進に行かず

サッカーに注力していた時に担任から

何かが終われば次のものに注力できるって考え方で

本当に受験や将来社会でぶちあたったときの課題解決できるの?」

といわれていました。

目の前の出来ごとに必死だった永遠のセブンティーン、17歳の倉谷くんには衝撃でした

そっか、

何事も並行しないと言い訳きかんな

というより

並行した方が単純に成功率高いやん

それくらい倉谷くんの思考は単純明快だったので(笑)

その日から

部活があろうと

文化祭で忙しかろうと

体育祭があろうと

何があっても毎日東進に行くことを実行しました

閉館間際、30分だけのために登校した日もあります

そう

受験だろうが

仕事だろうが

プライベートだろうが

 

並行することを当たり前に

 

これが重要なわけです

よく聞きませんか?

私と仕事、どっちが大事なのよ!

お決まりですね(笑)

そう、これも一緒

嫁さんのことと自分の仕事

どっちかに必死になって

どちらかがおろそかになれば

必ずそのひずみが出ます

みなさんにも当てはまりませんか?

受験学年なら

今実力ついてないし

過去問は受講終わってからでいいかな

とか

1,2年生なら

受講の期限も近いし受講しなきゃ

復習、高速マスター?

そんな時間ないよ!

とかね

わかる、わかるよ君の気持ち

でもね

 

?ほんとにそうかい?

 

 

部活に当てはめてみますか

倉谷の部活、サッカーで行こうか

(わかりやすい例として、ですよ!)

過去問、復習=対峙する相手

→ライバル校の試合動画

を見ないで

受講=自分の実力を高めること

→がむしゃらに毎日練習を重ねること

 

しないでしょ!そんなこと!!

まず相手の動画見るでしょ!

―――――――――――――――――――

あぁ、次の対戦相手は右サイドがキャプテンか

ほとんど右サイドから攻めてるな

となるとうちの左サイドの守備少し弱いな

左サイドに寄せた守備練習必要かな

うん、その分右サイドに攻撃意識もった方がいいな

左サイドから右サイドに展開する練習するか!!

―――――――――――――――――――

 

!ほら解決策が生まれた!

研究(知ること)と行動(動くこと)

これが次への道しるべになるわけです

受験生なら

過去問で相手を研究しながら

受講で実力を伸ばせるように行動

1,2年生なら

受講で必要な知識を得ながら

高速マスターで知識定着に向けて動く

これが大切!

両立

並行

すごく気持ちで負けがちです

すぐ言い訳見つけて一個に集中したくなります

けれどもそれはそのまま

後の自分に負荷をかけてるだけです

ぜひ今日から

今この瞬間から

並行の鬼となってください!

みんなならできるからね!!

 

今日もブログ読んでくれてありがとうございました!

 

東進ハイスクール武蔵境校 校舎長 倉谷悦世