受験時代に思い描いていた大学での自分と現実の自分(佐藤) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 2月 17日 受験時代に思い描いていた大学での自分と現実の自分(佐藤)

 

受験時代に思い描いていた大学での自分と現実の自分

 

今日は上記について書こうとした時

なんか書きづらいなと思ったんです。

 

それが何故なのか考えた時

「思い描いていた自分と現実の自分が合致している」

ということが分かりました。

 

教育に関わる仕事につくという夢を追いかけるため

大学生活では以下の目標を掲げました。

 

担任助手になって夢に近づく

→担任助手になるだけでなく、4年間つづけ、

リーダーや担任も経験できました!

 

英語力をつけて人脈を広げる

→TOEIC760点を取って

イギリスへ留学に行きました!

 

旅行をして日本そして世界を知る

→国内はほとんど網羅、

海外もイギリス、カナダ、フィリピン、韓国

に行きました。来月は台湾へ行きます。

 

良い出会いをして人間的に成長する

→東進で出会えた社員さん・担任助手・生徒の皆

青学で出会えた英米文の仲間

本当に大切だと思える人達に出会えました。

 

矢印の先が結果です。

 

私が大事にしてきたのは、

「思いを誰よりも強く持ち、

具体的な文字・言葉にする」

ということです。

 

思うだけでなく文字や言葉にすることで、

脳がそれについていこうとして

行動も変わると言われています。

言霊ってよくいわれますよね。

 

普段から自然と言葉に出来るように

思考の整理の方法として

私はずっと夢ノートというのを書いています。

願いをノートに書いておくことで

言葉にしやすいからです。

 

今まで私は多くの願いを現実にしてきましたが

ほとんどは、夢ノートに綴り、

それを周りの人に伝えていました。

実際に言葉にしたらあとは

現実にすべく行動するだけです。

 

ポイントは

具体的に!!!!!!

です。

 

社会人になってもそのような意識を持って

行動していこうと思います。