受験生の秋(物部) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 10月 12日 受験生の秋(物部)

こんにちは物部です。

秋もだいぶ深まってきましたね。

僕は今年の秋、食欲の秋と言われているにも関わらず、体重を落とすことに成功しています。笑

 

ちなみに去年の秋は高3生の皆さんと同じ受験生だったわけですが、

 

そこでの僕の思い出を紹介した行きたいと思います。

 

僕は夏休み、ほとんど朝から東進に来て、閉館まで頑張っていました。

 

 そのおかげで、かなり学力を伸ばすことができました。

 

しかし、そこで気持ちが切れてしまったんです

みなさんの中にもきっといるはずです。

秋からは文化祭もあり勉強への意識が薄れ、学校のクラスメイトより勉強してきたという絶対的は自信から

サボりぐせがついてしまったということです…

その影響で、9月は東進に行くことは少なくなっていました。

 

と、思っていたのですが、

 

どうも理由はそうじゃない。

 

文化祭が終わっても、周りが頑張っているのをみても

 

やる気が戻ってこない

 

このことを担任助手の方に相談しました。

 

すると、「過去問をやってみて」と言われました。

 

なんで、そのタイミングで言うかな。

 

正直そう思いました。

 

実は真面目な僕は実際に過去問をやってみると、

 

全くわからない…絶望に陥りました。

 

さらにやる気がなくなったじゃないか

 

そう思いながらこのことを伝えると

 

うん、これで現状と目標の差が明確になったね。」

そう言われました。

 

ほほ~なるほど。自分がやる気が出なかったのは

自分が何に対して勉強してるか分からなかった

そういうことだったわけです! 

 

これを機にやる気を取り戻した単純な僕ですが、

ここで言いたいのは過去問をやれ

 

ということではありません

 

受験生はそんなことブログで書かれなくてもわかってるわ!!

そんな感じですよね(笑)

 

僕がここで言いたいのは

 

一度景色を見渡してみよう

 

はい?

 

榎戸「周りには机とパソコンしかありませんよ」

 

そういうことではありません(笑)

 

受験生いや、勉強している高校生はみんな同じかもしれません、

 

自分は何に向かって勉強しているのか

 

そう思うことがあった、もしくはこれからあると思います。

 

それは勉強を一生懸命に取り組んだ結果

 

目先の事しか見えなくなっているんですね

 

そうすると自分は何をやっているんだろう

 

そう自問してしまうことがあるかもしれません。

 

しかし、

 

身近な人たちはちゃんと見ています。

 

皆さんが頑張ってきている姿、

 

何のために頑張っているか

 

困ったときこそ頼って良いと思います。

 

客観的な視点がきっとあなたの見ている景色を変えてくれるはずです

 

あるとき担任助手の本前さんがこう言ってました

 

戦っているのは一人ではない

 

熱いですよね!(笑)

 

でも本当にそうだと思います。

 

校舎の友達、スタッフ、そしてお父さんお母さん。

 

ひとりなんてことはないはずです。

 

どこ見行けばわからなくなったとき

 

伴走者として一緒に走ってくれるはずです!

 

勉強を乗り切るため上で助けになってくれるます!

 

僕も武蔵境校ではそんな存在になりたいなぁ

 

なんてちょっと熱いことを言ってみたりして

 

今回のブログはこれで終わりたいと思います!

 

武蔵境校担任助手 物部