受験後説明会 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2013年 10月 31日 受験後説明会

昨日まで、全国統一高校生テストの受験後説明会がありました!

参加できなかった方のために、説明会で触れられたポイントを簡単にまとめたいと思います。

1.大学受験の成否を分けるのは、現時点での学力ではない

大学受験の成否を分けるのは、基礎学力などではなく、いつ勉強を始めるかです。今回の模試で結果が悪かった人も、今すぐ始めれば間に合うかもしれないし、逆に、今回の模試の結果が悪かった人も、勉強を後回しにしていたら、手遅れになるかもしれないのです。

2.勉強をするうえで一番大事なのは、習慣化

テスト前の一夜漬けで定期テストは乗り切れても、大学受験は乗り切れません。部活や行事など忙しいとは思いますから、日に5時間も6時間も勉強をする必要はないです。が、少しでもいいので、毎日継続して勉強する習慣を身につけましょう。

3.優先順位は、主要科目(英数国)>選択科目(理社)

主要科目、特に英語や数学は、早期に完成させておくことが重要です。これは単純に、配点が高く設定されている場合が多いという理由もありますが、英語や数学などの科目は、成績を伸ばすのにある程度の演習量を必要とするため、後回しにしておくとのちのち負担が大きくなってしまう、という理由もあります。東進の渡辺先生曰く、「英語は高2の3月までにケリをつける!」です!

4.学力を定期的にはかる→反省・総括→計画を立てる→勉強をする

大学受験は、上の4過程の繰り返しです。それぞれに本気で取り組むことで、効率の良い勉強ができるようになります。特に模試は、自己採点をし、復習をするというのが疎かになりがちです。大切なことですから、意識しましょう。

長文になってしまいましたが、是非ご参考下さい。