大学卒業までの設計図 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 11月 5日 大学卒業までの設計図

 

 

 

 

こんばんわ、担任助手の諏訪園です。今日のテーマは

「大学卒業までの設計図」!

 

ということで、

僕がどのような学生生活を送っていきたいと考えているか、その

フューチャープランについて話したいと思います。

 

みなさん、上の写真はどの大学のものか分かりますか?

そう、早稲田大学です。

 

以前の僕のブログを読んでくれた方はもう御存知かと思いますが

(まだ読んでなかったらぜひブログをさかのぼって読んでみてね!)、

僕は早稲田大学の国際教養学部の1年生です。

 

「社会人に見える」とか「20代?」とか「3年生かと思った!」とかめちゃめちゃよく言われますが、

1年生です。そして国際教養学部は

「1年間の海外留学が義務」ということで有名な学部です。

 

そのため、僕も来年の9月から1年間留学に行きます。

 

まだ行き先は決まっていませんが、おそらくイギリスになるかと思います。

留学では色々なことを学べますよね。

今自分がいるのと全く違う文化・環境に乗り込んでサバイバル

しなきゃいけないので、現地の言語だけでなく、

コミュニケーション力や新しい環境への適応力、そしてチャレンジ精神

を育むことができます。

 

僕はこの留学というチャンスを生かしてこれらを獲得することで、

「グローバル人材」へ成長したいと考えています。

 

今、急速にグローバル化が進んでいる世界。

日本も負けていられませんよね?

 

さらに日本をグローバルにしていくためには、

グローバル化をリードする人材 が必要です。

そして僕はそのような人材の一人になりたいと思っています。

 

留学を通して英語力とコミュニケーション力を磨き上げて日本に戻り、早稲田大学

での3年目・4年目はその力を伸ばすことに時間を捧げるつもりです。

その鍵となるのは、できるだけ多くの多様な背景を持つ人と交わること。

 

大学という場は、自分と異なった考え方や視点を持つ人と交わるのに最適な

環境です。その環境を生かすことによって自分の成長へとつなげていく

ことで、大学生としての時間を有意義に過ごすことができるかなと思います。

これが僕の大学卒業までの設計図です。

 

このブログを読んでくれている皆さん。皆さんには、

「こんな大学生になりたい」「こんな学生生活を過ごしたい」

 

「大学を卒業する頃にはこんな風になっていたい」

という目標はありますか?

 

大学で輝いている自分を思い描く事ができれば、「必ず実現したい」という

強い思いになって勉強のモチベーションに変わるはず。

 

ぜひ時間を作って、「どういう学生生活を送りたいか」

「どんな大学生になりたいか」について、みんなも考えてみてください!

 

そして「自分の目標ができた!」という人!

 

東進武蔵境校で一緒にその目標の実現に向けて一緒に努力を始めましょう!

 

将来の夢と希望を手に握った、あなたの来校をお待ちしています!

 

武蔵境校 担任助手1年 諏訪園 実