子供の頃の私(ルブテ) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 6月 22日 子供の頃の私(ルブテ)

 こんにちは!ルブテです。ご無沙汰しておりますー。

いやぁ、6月ですな。

皆さん、6月はどんな月かご存知ですか?

言うまでもないですね、、。

僕の誕生月です!!ふはは。

生徒の方はプレゼントを持参しないと罰ゲームですよ?

(嘘です。ごめんなさい)

今年で20歳になるんです。メモリアルですね。

メモリアルブテなのであります。

というわけで、最近生まれた時のアルバムを見たり、

子供の頃の自分を思い出したりするのです。

 

子供の頃の私は、とっても色白でした。

眉毛も薄くて、お餅が生きているような感じ。

戦隊ヒーローが大好きで、

なんか悪を成敗する妄想ばっかしてた気がします。

6つ上の姉にちょっかいを出し、親に甘えまくりの幼児でした。

こんな風に、子供の頃の自分を思い出すと、

自分がいかに「生かされてきたか」を知ることができます。

大学の授業で聴いた話によると、

人間ほど育てるのに手のかかる動物は無いらしいのです。

赤ちゃんはつきっきりで面倒見なきゃいけないし、

十数年経つまで一人で生きることはできません。

こんな生き物他にないのだとか。

そりゃあそうですよね。

だから、生徒の皆さんが今生きて勉強できているのも、

ご両親の物凄い努力があってのことなのだと思います。

もちろん僕は親になったことはないので偉そうなことは言えませんが、

「今生きていることは当然のことじゃない」

と思うと、物事に取り組む姿勢も少しかわるのかなぁと、、。

生徒の皆さんも、一度幼いころの自分を思い出してみて下さい。

何かしらの発見があるかもしれませんよ。

真面目な話は緑色に変えてみました。(笑)

 

それでは、みなさん校舎でお会いしましょう!

 

武蔵境校 担任助手

ルブテ啓誠