学問の秋!(新妻) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2014年 11月 23日 学問の秋!(新妻)

こんにちは!担任助手の新妻です。今月3回目の登場です!わおわお。

 

さて、スポーツの秋シリーズはひと段落。やっぱりここは、

「学問の秋」でしょう!

 

学問の秋。受験生にとっては勝負の季節。秋が深まっていくにつれて受験は近づいてくるというもの。光陰矢のごとし、時の儚さを感じる秋ですね。

 

と、そんなことは置いておいて、みなさん、勉強の調子はどうでしょう?「時間が無い」といって、焦ったり慌てたりしていませんか?

 

時間というのは平等です。焦って何も手につかない者にも、着々と一段一段積み上げていっている者にも平等に時は流れます。だからこそ、自分に出来る最大限の有効活用をしたいもの。背伸びせず、自分に出来ることをコツコツ毎日継続していくことが一番大切です。

 

そんな中で、重要になってくるのがメンタル!スポーツでも、勉強でも、メンタル面というのはパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。どうせ勝負するのなら、メンタル面を整えて自分のベストパフォーマンスを発揮したいものですよね。

 

ということで!今回は自分が高校での部活、受験生活、そして1年半の担任助手生活で編み出した、メンタル面でのポイントを発表してみたいと思います!いえーい。

まあ、そんなに大したものではないので、読んでみたいっていう物好きな人だけ読んでください…笑

 

ということで!今回は日常編!ちなみにテーマは、「BE POSITIVE」です!笑

 

1.笑え!とにかく笑え!

どうしても鬱々としがちなこの季節だからこそ、とにかく笑いましょう。笑うと心が弾みます。声に出して笑ってみるとさらにいいと思いますよ。「声に出して笑う」というのは全身運動です。大きな動作をすると心も大きくなるものだと自分は思います。それと、笑顔は伝染します!周りの人が幸せそうにしていると自分も幸せになった気分がします!だからとにかく笑いましょう!

 

2.溜めこまない。声に出す。

プレッシャーも大きくなってくると、何ともいえないモヤモヤした感じが心の中に溜まること、ありますよね。そんなときは声に出して、周りの誰かに話してみるのが良いと思います。信頼できる友達にだったり、学校の先生にだったり、親にだったり、もちろん担任助手にだったり。「話す」という行為をするために、必然的に自分の中で思いを一度整頓することにもなりますし、なにより人間は「話す」生き物です。「話す」ことでストレスも解消されるというもの。なぜ人間の顔のパーツの中で口が一番大きく開けるか、それは「話すという行為が人間にとって大切な行為であるから」です!

 

3.昨日より今日、明日よりも今日。

過去の出来事というのは美化されがちです。どうしても気になってしまうもの。未来の予想図を描くときには、どうしたって自分の理想を描いてしまうため華やかになるもの。しかし、どんなに過去と未来が魅力的なものであったとしても、私たちが生きているのは常に「今」です。今を生きてください。もちろん長いスパンでの計画性は大事です。でも、今頑張らないでこの先頑張っていけるんですか?その日その日を大切にしていきましょう。これは逆の場合にも言えます。どんなに模試の結果が悪かったとしても、その模試は受け終わった時点で既に過去のもの!今頑張って、次に備えればいいんです!

 

4.ポジティヴ!

なんといってもこれが一番大切です。あきれるほどのプラス思考でいてください。模試で間違えてしまった問題があったら、「これはもう本番では間違えない」。模試の成績が悪かったら「自分の弱点に今気付いておけてよかった」。本当に大事ですよー。強がりでもハッタリでもいいので、とにかくプラス思考でポジティヴな発言をしていきましょう!ツキっていうのは、前向きな人間の前に向いてきたりするもんです!

 

 

さて、こんな感じですがいかがでしょう。要するに言いたいこととしては、「前向きに頑張っていきましょう!」ってことです!せっかくの受験生活、どうせなら楽しんでいきましょう!

 

武蔵境校

新妻弘紹