本番力を鍛える一週間に! | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 6月 19日 本番力を鍛える一週間に!

みなさんこんにちは!
今日もブログ読んで頂きありがとうございます!

本日は倉谷が更新致します!

さて来週の今日は…?

そう、
センター試験本番レベル模試
ですね!
3年生は8月模試での目標点突破に向けて
1.2年生はセンター同日に向けたスタート
そんな模試になります

さ、そんな模試に近づく皆さんへ質問

先週日曜日からの生活を思い出せますか?

勉強内容もそうですが、
一週間の生活です!
朝起きた時間
朝食の時間と中身
お昼の時間
ちょっと昼間の眠くなった時間
夕食の時間

思い出せますか?

思い出せた人も
思い出せない人も

これからの一週間
試験本番と同じ生活をしてみましょう!

模試を模試として活用してるうちは

本番の緊張感や想定外の出来事

への対処も通常通りになってしまいます

つまり「本番」という意識を持ってなければ

ただセンターレベルの問題を「演習」したことにしかならないわけです。

それで点数が伸びたから
本番で同じパフォーマンスができる保証はどこにもありません

 
模試を元に勉強計画をたてることも大事なんですが、同時に
本番で、より100%に近い力を出せた方が合格するんです。

極論言えば

100の力を持ってる人
90の力を持ってる人
どっちが勝ちます?
普通100の人ですね。

 
では条件を足しましょう。

100の人は緊張やらアクシデントで心が乱れ80%の力しか出せません

90の人はアクシデントに見舞われたものの、緊張とうまく向き合い90%の力を発揮しました

100×0.8=80
90×0.9=81
あら不思議、90の力しかない人が勝つんです!
90の力でいいと言ってるわけではなく
倉谷が言いたいのは

実力×本番力

合格力ということなんです!

人生の大一番の受験
緊張しないはずがありません
ちょっとしたアクシデントへの対処も誤るくらい精神状態は不安定です

だから
どれだけこういう緊張感を持つ機会があるか
これにかかってます
だから模試の前に
「この模試が本番!」
と体に錯覚させられるか
これが大事なんです。
そとためにもまずは生活から「いよいよ本番」だと思わせる。

朝起きる時間は試験時間から最低3時間前に
朝食はエネルギーをしっかり補給
昼食は食べ過ぎると眠くなるから軽めに
あ、じゃあお弁当の内容相談してみなきゃ勉強も暗記物と演習に絞ろうかな

ほら、色々準備が思い付くでしょ?
準備が万端になればなるほど人間は自信と共に不安が生まれます
これこそ本番の緊張です!

6月模試、生活から準備万端にして
自分の伸び、弱点
しっかり見つけていきましょう!

——————————————–

受験の天王山 夏まであと1ヶ月

習慣づけをするなら連休の無いこの6月!

今つけた習慣が夏休みに生きてきます!

そんな習慣を付けたいキミへ

なんと東進では夏期特別無料招待講習が

6/1~受講可能!

東進の一流講師陣の授業が

最大20コマ無料で受講可能!

 申し込みは↓をクリック!

また

部活を引退したから受験モード!

引退はまだだけど受験に切り替えたい

そんな高3生も東進は応援!

高3生対象 部活生招待講習を実施中!

こちらは東進の講座5コマを無料体験!

申し込みは↓をクリック!