私の趣味(桑名) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 10月 15日 私の趣味(桑名)

どうも!桑名です。

最近暑かったり寒かったり忙しいですね…。

よく風邪を引いている生徒さんをお見受けするので、体調にはくれぐれもご注意ください!

 

今回のテーマは「私の趣味」。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はめちゃくちゃ多趣味です。

(飽きっぽいともいいますが…)

アニメ、漫画、映画、読書、音楽、ゲーム、特撮ヒーロー、カードゲーム、などなど!

最近はホラーゲームに凝ってます。面白いのあったら教えてね。

つまり、この世の快と楽はすべて味わい尽くしていきたいです!(どこかで聞いたような…)

多趣味ゆえ、将来の夢が秒速で変わります。漫画家、アニメーター、ミュージシャン…本気でお笑い芸人に成ろうとしたこともあるぐらい。

そんな私ですが、これでも生まれてからずっと続けてきた趣味があります。

それは文章を書くこと。

小説、脚本、詩。書けるものはなんでも書いてきました。

こう見えて、小学五年生からずっと日記を書き続けてるんですよ。

まあ、書いているといってもその中の90%は黒歴史。

死んでも他人に見せたくないものばかりですが。

私は校舎じゃ「国語キャラ」なので、よく「どうやったら国語で点数取れるんですか」と尋ねられるのですが、原点はこの創作好きにあると思います。

何人かの方は理解してくれると思いますが、文章を書くのって楽しいですよね。

なぜなら、私はその世界では唯一の神になれるから。

そこに登場する人物は全員が私の意のままで、私にさからうことはできない。

サイコ~じゃないですか。ワハハ。

…と、最初は思っていたのですが、実は結構違う。案外、思い通りにならないんですよね…。作文って。

悪役がいて、プロット上じゃココで改心することになっているのに、全然改心してくれない。いくらセリフやト書きを改変したところで、どうしても主人公に屈服しようとしない!なんだコイツ!次章に続く!なんてことはザラですね。

たぶんそれは、人間は自分じゃ思っていないことを文章には著わせないからです。

長い文章を書いていくうえで自分すら納得いってないことを書くと、あとあと収集がつかなくなっちゃうような気がします。

だから、自分の文章に出てくる人間は「全員、自分」となります。

私の文章にはただの良い奴は出てきません。主人公に優しくする奴はたいてい裏切る。それは、私が人をそういうものだと思っているから。

逆に、悪のカリスマみたいなキャラは大好きですね。口先が異様に達者で、主人公やヒロインもうま~く甘言に乗せようとするキャラ!これは私の性格に大いに通ずる部分がありますね!自分で言うのもアレですが!

 

…ここまで書いてみましたが、ホントにただの「私の趣味」の話になってしまうので…。

文章つながりで、「小論文」とかどうでしょう?

自分の受験科目の中で小論文が含まれている方もいらっしゃると思いますが…、

私が思うに、小論文のコツは「自分に嘘はつかないこと」ですね。

とりあえず課題文を読んで「なんか違うな?」と思ったときは「否定派」で書くべきだと思っています。

そりゃあ肯定派で書くほうがラクに文章ができあがるっていうのもわかるんですが、「あ、コイツ手抜きしたな」っていうのは読む手にわかっちゃうものです。

しかも、読む手は別に機械でもなんでもない、一人の人間ですからね。

だって、もし自分が採点者だったら、ただ筆者の意見を肯定するだけの文章よりも、筆者の意見を批判し自分の意見を堂々と演説する文章のほうが楽しいんじゃないですかねえ~。

まあ、これは私の個人的な意見なので、本当になんの意見も思いつかないときは「肯定」で行くべきだと思いますが!笑

それと、上述したとおり文章を書くのも好きですし、読むのも好きなので、国語系の質問対応はめちゃくちゃ好きです!

東進関連でも、学校の宿題でも、お気軽に質問・相談してくれますねお