練習を本番に! | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2013年 4月 25日 練習を本番に!

こんにちは。担任助手の新妻です。

21日にセンター試験本番レベル模試がありましたね。結果が良かった人も悪かった人も、様々いると思います。今回は、日ごろの勉強や模試に臨むときの心構えについて話したいと思います。

自分は高校生のとき、野球部に所属していました。東京都はこの時期がちょうど春の大会の佳境にあたるのですが、大会に敗れたチームはすぐに夏の選手権大会の予選にむけての練習に励みます。7月に行われる大会の一試合一試合にむけて、文字通り「全てを捧げて」どのチームも練習に取り組みます。

自分が現役時代によく言われていたのは、「練習は本番のように、本番は練習のように」ということです。練習のノックで受ける何百球、何千球ものノックと同じ打球が試合でも来ることは絶対にありません。それでも練習から本番の意識を持っていれば、本番の緊張した中でも無意識に体が動いてくれるようになります。

模試の問題も、本番で同じ問題が出るとは正直考えにくいです。それでも、毎回の模試、さらに普段の勉強から入試本番のつもりで勉強していれば、なんとなく勉強するよりも学力は伸びます。

一日一日を大切に、高い意識で受験勉強に取り組んで下さい!

武蔵境校 新妻弘紹