自分の好きな言葉(物部) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2015年 11月 24日 自分の好きな言葉(物部)

こんにちは、担任助手の物部です。

今回は好きな言葉

というお題です。

座右の銘みたいな感じですかね。

正直、そんなにかっこいい言葉は知らないのです…。すみません。

一丁前に皆さんに紹介できることはできないのですが、

中学時代に、一つだけ心に残った言葉?フレーズを紹介しながら、僕が感じたことを伝えたいと思います!

僕は中学生の時、部活をやっていました。

なんの部活だと思いますか?

7割くらいの確率でサッカーと言われるのですが

陸上競技部です。笑

短距離をやっていました!

一年生の時から毎日欠かさず、まじめに参加してました!

でもその理由は顧問の先生が怖くて、

怒られたくないが故に

手を抜かずにやっていたんですね笑

今は仲良いですけど笑

中学校の陸上部はなかなか厳しくて、

朝練も毎日あり、1分でも遅刻すると

参加できなかったんですよ!!

きびしい…。

じゃあ朝練サボったりするとどうなるか皆さんわかりますよね…

まして怖い先生ですよ…

そう、終わりです。笑

ある日僕は風邪をひいてしまったんです。

しかもなかなかの高熱

普通なら休むところなんですが

朝練をサボるわけにはいかない!!

そんなことを母に伝えました。

もちろん、母にはダメと言われました。

当然ですよね笑

息子が高熱出してるのに運動しようとしてるのですから

そんなとき母に言われた一言が

 

あなたは何のために部活をやってるの?


先生のご機嫌取り?

 

物部「…ごめんなさい」

完全にこの言葉にやられましたね笑

目先のことに囚われすぎていたんですね

本来、自分が陸上部に入ったきっかけは何でしょうか

高橋担任助手「知らないよ。」

……少なくとも顧問の機嫌をとるためではありませんでした。

恐怖を目の前にすると先のことが見えなくなってしまうことってありますよね。

高橋担任助手「ないよ。」

むむむ。それでは、わかりやすく勉強で置き換えてみましょう。

高1、2生では定期テスト。

赤点とらないように頑張ろう!

とか

親に怒られないように頑張ろう!

など

皆さん思いますよね。

恐怖ほどではないかもしれませんが、

目先のことに囚われて

そもそもの目的が見失われてませんか?

勉強してきた目的はそんなその場凌ぎのものではないはずです。

最後に高3生はもちろん受験。

受験は怖いですよね。

その怖さ故に、とりあえず勉強してるになっていませんか?

単語はただ覚えるだけにそんなに書き込んでいるのですか?

違いますよね。

その単語を使って英文を読めるようにしてるんですよね。

ではその英文は何で読めるようにしてるのですか?

受験で合格するためですよね。

しかし、皆さんは受験の為に勉強してるのですか?

言い方を変えましょう。

今までの勉強は受験に合格するだけのものですか?

確かに大学受験は人生の節目になることは間違いないと思います。

しかし、そこで終わりではないですよね。

目先のことに囚われずもっと先を見据えた勉強をして見てください!

そうすれば景色が広がり今、自分が何をすべきなのかがしっかりと見えてくると思います!

そんなことを考えながら勉強すると自分が今やってることに意味を見出せると思いますよ!

長くなりましたが今回はこれです終わります!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

武蔵境校担任助手 物部