計画の大切さ | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2013年 8月 4日 計画の大切さ

みなさんこんにちは。担任助手の新妻です。

8月に入り、みなさんも夏時間割に少しずつ慣れてきている頃だと思います。そこで、今日は計画の重要性について少し書いてみます。

 

夏休みになって、開館時間が7時~20時半になりましたね。先日のブログにも書きましたが、自分で勉強できる時間を一番確保できるのはこの時期です。校舎だけで13時間は勉強できるんですから!

そこで一つ聞いてみたいことがあります。時間があるからといって、手当たり次第になんとなく勉強していませんか?

いくら時間があるからといって、適当に勉強を進めているとその効果はちゃんと計画を立てて勉強したときの半分ほどになってしまうと自分は思っています。毎日、しっかりと計画を立てて勉強してほしいなと思います。

では、計画を立てる際のポイントを!

・なるべく全教科に毎日触れる

一日に英語7時間よりも、一週間毎日英語1時間のほうが効果は絶対に上がります。また、勘を鈍らせずにコツコツと勉強をしていくという意味でも、毎日全教科に触れるのは大切なことです。国立志望の人は科目が多いので少し難しいかも知れませんが、なるべく試みてもらいたいなと思います。

・一日のタイムスケジュールを作る

一日のタイムスケジュールを一回自分で作ってみてください!自分がどんな風に勉強したいと思っているのか、イメージできると思いますよ!

・紙に書く!

人間は忘れる生き物です。大事なことは紙に書いて覚えましょう。今日やりたいことを全部書き出して、終わったものから消していくのはなかなか爽快ですよ!

ここに挙げたポイントは、あくまで一例です。この夏休みで自分なりのポイントを見つけていってくれればいいと思います!

武蔵境校 新妻弘紹