認めれば進める! | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 5月 23日 認めれば進める!

どうも皆さんこんにちは!

武蔵境校 校舎長の倉谷です!

最近は定期テスト期間に入り校舎開館と同時に

登校する生徒がいてくれて嬉しいです!

 

今日もこんな感じの満面の笑みで皆さんをお迎えしますよ!

さて5月も終盤に差し掛かり

モチベーション維持

が大きなポイントになりますね!

前回のブログでは

やる気を出す方法について書かせてもらいました

↑まだチェックしてない人はクリックしてみよう!

そして今回は

高めたモチベーションをどう維持するのか?

です。

皆さんどうしてます?

倉谷から皆さんに送る

モチベーション維持の秘訣

それが

認めること

です。

ふむ、認めるとな?

そうです、認めるんです。あらゆることを。

モチベーションが下がる原因って大体

理想と現実にギャップがあって

「自分が」萎えてしまっています

部活で泥だらけやん、一旦家帰ってから東進行くか

あーテレビ見てたら閉館時間だー!

とか、

よっしゃこんだけ受講頑張ったし模試頑張るぞ~!

全然前と変わって無いじゃん、、、はぁ、、、

とかね。

前回のブログはやる気を出すために

「やり始める」でした

だから今回続けるために

「認める」んです

「あー身体洗ってから東進とか考えても
ついつい自分ってテレビ見ちゃうな」

「受講頑張ったのに伸びなかったな」

できごとをそのまままずは飲み込んで下さい

そこに

自分は弱い!

とか

やって伸びないとかセンスないのかな?

みたいな

評価や卑下は一切なし!

とにかく認めましょう

評価や卑下をせずに認めると落ち着いて

「なんでそうなったんだろう?」

分析する為の疑問が湧いてきます

そうすると自然に解決する為の

改善案を思いつくことが出来るんです

何か良い例ありますかね、

あ、ちょうど良いところに

おーい西本さん!

\ハイハーイ(西本)/

というわけで西本担任助手を例に行きましょう

西本さんにあった「あちゃーエピソード」とは

「幼稚園生が池に落ちそうなのを発見して、助けようとして自分が池に突っ込んだ」

だそうです。

これによりスニーカーを一足ダメにしてしまったそうで

西本さんらしいほんわかエピソードですね(笑)

あらあらその時を思い出してブルブル震えてますね(笑)

さ、それではレッツトライ!

まずは出来事をそのまま受け止めてもらいます

子どもを助けようと池に突っ込んでしまった

でも自分のスニーカーがドロドロになってしまった

はい、受け止めてもらいました

では西本さん

今思うとどうすれば良かったですか?

確かに子どもは池に落ちそうだったけど
遊具に掴まっていたからすぐに落ちそうも無かった
普通に靴を脱ぐ時間くらいありました!
落ち着く為に一度周りを見れば良かったですね

ほらね!

変に評価や卑下することを抜いて

一旦出来事を認めることで

落ち着いて失敗の原因分析が出来て

次の行動案が思い浮かんで

具体的行動を起こしやすくなった!

だからモチベーションは下がりません

次にやるべきことが明確だからです!

きっと次西本さんが困っている人を見つけたら

焦りすぎず冷静に見極めて子どもを守ってくれる

そんな優しい大人の女性になっているはずですね!

さ、皆も同じです

しっかり認めて行動を起こす準備をしましょう!

そうすれば長期的モチベーションが保てるはずです!

何か困ったことがあれば是非

校舎でスタッフに声をかけて下さいね!

——————————————–

武蔵境校の生徒、今年も大活躍!

武蔵境校、合格速報はこちらをチェック!

みんなの学力を伸ばし

志望校合格を果たす

そしてその先に広がる未来に向けて大学生活を過ごす

そんな「スタート」がここにあります!

武蔵境校スタッフ一同お待ちしております!