[部活]⑮ | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2014年 5月 18日 [部活]⑮

こんにちは!ルブテです(^-^)。

今回が2回目の投稿となります。いぇーえーい。

今回のテーマも、「部活」ですね!

 

部活をするにあたって楽しいこともたくさんある反面、怖いこと もたくさんありますよね。

顧問の先生、先輩、怪我、仲間同士の人間関係…などなど 部活動(特に運動部)には、おびえずにはいられない魔物がひそんでいるのです。(?)

 

中でも特に怖いのが、「遅刻」だと僕は思います。

部活は基本、集団行動なので時間に厳しい。時間を守らねば皆に迷惑がかかるし、思い罰が待っていることもある…。寝坊は許されない。(まぁ、当たり前といえば当たり前ですが。)

数分の狂いが大問題を生むわけです。

とにかく、集合時間に遅刻してしまうのは言語道断!

でも、皆が皆しっかりしているわけではないんですねぇ、遅刻者は、どこの部活にも発生する。

僕にも何度か遅刻をした経験があります。笑 

なので、僕史上おそらくNO.1の「遅刻思い出話」を今からしたいと思います。

はじまりはじまり~

 

1年生の時、新人戦と呼ばれる大会が秋にありました。新人戦は3年生が引退し、代が変わって初めての大会なのです。だから遅刻は許されません!

はい。結論から言うと、その大会の初戦に遅刻しました。僕は新チーム一発目の試合の日に、運動部会最大のタブーを犯してしまったわけです。

 

では何故、このような事になったのか?

 

僕のチームメイトには3人同じ中学校の子がいて、試合の遠征には、ほとんどいつもその子達と4人組になって行っていました。

新人戦初日の日、いつものように4人で集合し、試合会場である巣鴨高校に向かいました。最寄は巣鴨駅。(だっけ?)

「今日もなんとか間に合いそうだね」

「何試合目だっけ?あ、次山手線に乗り換えだよ。」

などと会話を交わして、JR山手線渋谷方面行きになんの疑いもなく乗ったのでした。

しかし、僕らは目的地とは逆に向かっていたのです。山手線逆周りをしていました。

4人全員何にも気がつかず、平然とケータイをいじり、到着を待っていました。

すると、1人が、

「ねぇ、巣鴨って渋谷方面だっけ?」と一言。

「あ…。」

僕らは、凍りつきました

5秒後、皆パニック。うわわわわわわーーーーー!

そしてなんとか別の電車に乗り換え、会場に急ぎました。

 

「今から台風起きて試合会場の屋根吹っ飛べ」と縁起でもない願いを4人で念じたりしながら…。

 

それでも試合開始前のアップには間にあって、何とかなりました。ですが、集合時間遅刻には思い罰が下ります。

それは、罰走200周 OR 100周+坊主にする どちらかを選ぶこと。

選択肢があるだけ良いですね笑

 

僕は後者を選んで、次の日から電球のようになった頭で日々を過ごしました。(僕に坊主は似合いませんでした…。)

おしまいおしまい

 

なんだか雑な思い出話になっちゃいましたね。

もっと詳しく聴きたい人は、ルブテまで笑

 

皆さんも遅刻には気をつけてくださいねえー!

 

担任助手 ルブテ啓誠