青山学院大学文学部紹介(高橋) | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2016年 3月 11日 青山学院大学文学部紹介(高橋)

こんにちは高橋です。

 

突然ですがみなさん、私がどこの大学に通っているかご存知ですか???

 

正解は・・・

 

青山学院大学です。

 

文系のキャンパスは渋谷にあり、お洒落な大学というイメージがある方も少なくないと思います。

(高橋がお洒落かどうかはまた別の話として)

詳しくは佐藤さんが更新しているブログで説明されているのでぜひチェックしてみてください。

 

今日私がお話したいのは、私の専攻している学部・学科についてです。

実は学部学科も佐藤さんと全く同じで、文学部英米文学科です。

つまり佐藤さんの直々の後輩ということですね!!

 

私はまだ大学で1年しか勉強していないので、まだまだ知らないこともたくさんありますが、この1年間を通しての授業の様子などを書きたいと思います。

英米文学科は当たり前ですが英語に関する授業が一番多いです。

「英米文学科って、英語の文学ばかり勉強するんですか?」という質問をよくされるのですが、

そんなことないです

授業は必修科目と選択科目に分かれていて、必修の代表例としてはIntegrated Englishという授業が挙げられます。

Integrated Englishは英語の総合力を鍛えようという取り組みで、レベル別でクラスがわけられ、授業内で長文を読んだりディスカッションをしたり英作文を書いたりプレゼンをしたりと内容盛りだくさんです。

宿題もたくさん出ます(笑)

とても大変な授業ではありますが、Integrated Englishのクラス内でとても仲良くなりますし、何より英語を積極的に使う授業なので自分自身のためになります。

選択科目では自分のやりたいことに合わせて授業を選択します。

私の場合だと、世界中の国々(特に東南アジア)の言語や文化の違い、通訳学に興味があるので、言語について調べてプレゼンする授業や、異文化コミュニケーションについて学ぶ授業、実際に通訳をする授業や英語でスピーチをする授業などを取っていました。

大学は、自分が想像していた以上に専門的に自分のやりたい分野を学べるところです。

だからこそ、主体的に取り組むか受け身になってしまうかで、学べる内容が全く異なります。

私はこの1年間、自分が今まで経験したことの無い量の英語に触れ、まだまだ知らないことだらけだということに気づかされました。

今高校生の皆さんは、大学の授業などまだまだ先のことのように思うかもしれませんが、時が流れるのは一瞬ですよ!(笑)

ぜひ、自分の目で、大学のホームページなどをチェックして、自分がやりたいことを確実にできる大学探しにいそしんでください。

そして第一志望合格に向けて、たくさん校舎に登校して勉強頑張りましょうね。

それでは校舎でお待ちしています。

 

担任助手 高橋美月

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まだ東進生ではない君に

絶対に成績を伸ばして欲しいから

東進ハイスクール武蔵境校では

新年度特別招待講習を実施します!

3/10までの申し込みで

2講座まで無料ご招待!!

そしてその招待講習は

授業の体験だけではなく

英単語センター1800暗記
数学計算演習
を無料で体験することが出来ます!!

武蔵境校の生徒、今年も大活躍!

武蔵境校、合格速報はこちらをチェック!

みんなの学力を伸ばし

志望校合格を果たす

そしてその先に広がる未来に向けて大学生活を過ごす

そんな「スタート」がここにあります!

お申込み、武蔵境校スタッフ一同お待ちしております!