メリハリをつける | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2018年 7月 15日 メリハリをつける

こんにちは、田内です。

 

今日のテーマは息抜きについてです。

 


  私が年を通して大切だなと思ったことは、

月に一度でも少し大きめの楽しみをつくって息抜きすることです。

 

私は、高3になった時に

「一年間絶対どこにも遊びに行かない!休み時間も人としゃべらない無駄にしない、勉強する!」

と決心してずっと守っていたのですが、(学校の打ち上げとライブには行ってしまいましたが、、。)

結局気持ちが途切れて辛くなって、時間を浪費してしまうことがよくありました。

無駄に泣いたこの二時間があれば外にご飯食べに行けたなあ、とか

スマホ触ってる時間を合わせれば普通に友達と遊べたなあ、とか、、

 

つまり大切なのはメリハリです!

どんなにモチベーションがあったとしても、ずっと勉強だけを続けることは難しいです。

 

そこでオススメの息抜き方法をいくつか書きたいと思います!

 

 

*長いスパンでの息抜き*

①志望校に足を運ぶ

志望校が地方の場合は難しいですが、都内や関東近郊ならばすぐに行けます!

私は、学祭やオープンキャンパス等のイベントが何もないただの普通の日にも、よく立ち寄っていました。

メリット

現実味が増す

使用交通機関や道順を完璧に覚えられる(本番、「いつもの道をいけば良い」という安心感が得られる)

モチベーションが上がる

普段の学内の様子や雰囲気を感じることができる

現地でお祈りできる

移動中も単語等の勉強をすれば大きなロスにもなりませんよ!

 

②夜ご飯を食べに行く

友達と数時間外で話すだけでものすごくストレス発散になります。

メリット

数時間の楽しみをほどよくつくることで「その予定がくるまでがんばろう!」という意識が生まれる

毎日勉強だけの繰り返しの生活の中で”小さな非日常”がつくれる

出かけてしまった、という罪悪感がいい意味での焦りにつながる

 

 

*短いスパン(一日単位)での息抜き*

①潔く眠る

タイマーを15分にセットして、目を閉じる!眠いままだらだらやるより◎ 寝過ぎに注意!

 

③大学について調べる

「意外に知らないことばかり!」「入試の日程を勘違いしていた!」などと直前に焦らないように。

さらに、新たな発見もあるかもしれません!実際、私は直前期の息抜きで大学調べをしていた時に、たまたまある大学の学部のホームページを見てビビッときて、受験する学科を全て変更しました。

 

全体を通しての私の反省は、「休むと決めたときに潔く休む」ことができなかったことです。

休まないで無理に集中せずだらだら勉強したり、逆に時間を守らないでだらだら休憩すること自体が物凄いストレスになります。

休む時はきちっと休んで、効率よく勉強していきましょう!!