低学年がこの時期にやるべきこと | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2018年 9月 19日 低学年がこの時期にやるべきこと

こんにちは

明日が最後の夏休みになる

です

 

高校生のみんなは

夏休みが終わってから

約2週間が経つ頃だと思います

 

そして文化祭が終わったり

これからであったりと

忙しい9月だと思います

お疲れ様です

 

しかし

休んでばっかりいられません

 

受験生は

夏休みのように

時間を確保することができません

 

なので時間の使い方が

合格に大きく影響します

無駄な時間を

なくしていきましょう

 

さてさて

今回の内容は

おもには低学年向けの内容です

題して

低学年がこの時期にやるべきことです

 

この時期は学校行事も多く

勉強から離れがちですよね

その気持ちわかります

大いにわかります

 

ですが

やはり学生たるもの

基本は学業優先ですよね

 

しかし

人生で1回しかない

高校生活を有意義にし

楽しむためにも

勉強と自分のしたいことの

両立が必要となります

 

まずは苦手科目の克服です

そのためには

授業の予習復習が

肝になります

 

苦手科目を克服するための

第一歩

授業にしっかりと

ついていくことです

 

苦手になったきっかけって

まず、授業に

ついていけなくなったからですよね

 

だからまず

授業の内容を

しっかりと理解することが

大切だと思います

 

実際に僕は数学がとても

苦手でした

そんなんときに

教科書で定義などを

熟読し、家で問題を予習し

授業では予習の段階で

わからなかったところだけを

授業に集中し、それ以外の時間は

問題集などで演習量を

確保していました

 

予習を実践したことで

授業に対して負い目を

感じることもなく

気持ちに余裕を持ちながら

授業に参加することができ

いつしか苦手意識は消えました

 

予習の方法は

人それぞれだと

思いますが

苦手科目を

克服したいのなら

僕は

予習という存在は

必須だと思います

 

復習は授業での不明点を

なくすように先生に質問したり

問題集で演習をすると

苦手克服がはかどると思います

 

そこに東進での

勉強をプラスすると

さらなる学力向上が

実現されると

思います

 

高校3年生になった時に

苦手科目があるのと

ないのでは大きな差があります

その差をなくすためも

時間のある

高校1,2年生のうちに苦手科目を

克服していってください

学校行事と勉強の両立

頑張りましょう!

 

次は校舎長です

お楽しみに!