私立大入試について | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2019年 2月 9日 私立大入試について

こんにちは!

担任助手1年の三宅です。

寒さが続いていますね、、

さて今回は私立大学の入試についてということですが

今回は私立大入試の特徴について書いていきたいと思います!

私立一般入試の大きな特徴としては

倍率が高いこと

種類が多いこと

がやはり挙げられます。

まず倍率についてですが、

人気の私立大は国公立大に比べて倍率がかなり高いです。

国公立の一般的な倍率はおよそ3~5倍ですが

入試日程、方法にもよりますが

人気の私立大はおよそ5~12(ざっと見た感じ)

にもなります。

その分色々な大学、学部、方式を受けられますが、いずれにしろ厳しい戦いになります、、

次に種類の多さについてです。

一口に入試と言っても数多くの方式があります。

個別試験でも2教科、3教科、4教科に教科数が分かれていたり、全学部入試があったりします。

センター試験利用型でも、センターのみの単独型

センター試験の結果と個別試験の結果を合わせて使うセンター併用型

など、他にもいろいろあります。

なので、あとから後悔しないように

よーーーく調べてみて下さい!!