経験を糧に。 | 東進ハイスクール武蔵境校|東京都

ブログ

2018年 9月 3日 経験を糧に。

こんにちは!

担任助手の津久井です。

遂に9月になってしまいました、、、、

皆さんの夏休みの勉強はどうでしたか?

充実していた人

君ならもっとやれるはず

自分の限界を決めないで。

 

逆に

全く思い通りに

いかなかった人、、、。

なにがどううまくいかなかったのか

分析しよう。

その悔しさが次からの行動に

活きてくるはずです!

 

こんな人はいないと思いますが、、、、、

勉強…やろうとは思ってたんだけど..

部活と遊びで…..という人。

よくこのブログ見てくれました。

あなたはラッキーです。

10/28日

東進ハイスクールで行われる

全国統一高校生テスト

という無料の模試があります!

中学生版も11/4に開催されます。

その模試で

今の自分の全国での立ち位置を確認しよう!

申込は先着順なので急げ!!!!

 

というとこで今日のテーマは

「行事と勉強の両立について」です。

 

行事といえば文化祭の季節ですね。

高校生の皆さんは

この準備で大忙しだと思います。

この両立について僕からは

どちらも

最大限に

頑張ってほしいです。

いやがんばっとるわ!

と思ったそこのあなた。

その調子です。

 

確かに受験は人生を左右し、

それに通ずる勉強こそ

一番大事かもしれません。

 

ただ文化祭などの行事は

大学生以降はしたくても

なかなか出来ません。

青春という言葉で

片付けるのも早いですが、

その思い出は

大学で離れてしまった同級生たちと

繋がれる数少ないものであり、

クラスで団結したことや

逆に悔しさや苦い経験は

人間を強く成長させてくれます。

 

しかし無理に頑張る必要はありません。

勉強第一だ

という人は皆が行事へ注ぐパワーを

しっかりと勉強へ注いで欲しいです。

 

文化祭に全力を注ぐ

という人は存分に楽しんでください。

楽しんだ分、

学校以外のときは切り替えて

今まで以上に最大限

勉強と向き合いましょう。

 

やるからには全力

この言葉を忘れずに残りの高校生活、

過ごしていければいいと思います。

 

時間があればみんなの文化祭、

みんなの全力を見に行きたいですね。

 

次回は清水担任助手です。

彼の両立に対する熱い気持ち。

楽しみのに待ちましょう。