校舎の様子 | 東進ハイスクール 武蔵境校 大学受験の予備校・塾|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール武蔵境校 校舎長 嘉村 大

大学受験という「壁」を乗り越える為に、自分の「将来」と向き合い、本気で努力することは、その後の「人生」においても、とても重要な事であり大事な「糧」となります。一度きりの人生だからこそ、真剣に将来を考える高校生・中学生を東進ハイスクール武蔵境校は本気で応援しています。勿論まだ、将来の夢が見つかっていない生徒に対しても、担任が一緒になって本気で将来の夢を探します。成績が伸び悩んでいる生徒、将来の夢が見つからない生徒、是非一度校舎に足を運んでみてください。一緒に夢の実現への第一歩を踏み出しましょう。

武蔵境校はJR・西武多摩川線 武蔵境駅北口より徒歩2分のアクセスの良い場所にあります。武蔵境校の特長として、生徒とスタッフの距離が非常に近いということが挙げられます。校舎に来ると必ず受付を通るようになっているため、来校時・下校時にはスタッフと生徒が明るく会話をしている光景がよく見られます。毎週実施されているグループ面談では、グループ内で仲良くなり、そこからライバルとして競い合う様子も見られます。また、週間ホームルームでは近隣の校舎で内容を統一し、校舎間で競争する意識を持つ取り組みも行っています。部活生が多く、夜遅くまで努力する生徒が多いです。

担任助手の紹介

高橋 唯 さん 横浜国立大学 理工学部
東京都立武蔵高校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール武蔵境校 OG
高橋 唯 さん 横浜国立大学 理工学部
担任助手として一言
私が東進ハイスクール武蔵境校に入塾して良かったと思うことは2つあります。まず、同じ目標を持つ仲間からより良い影響を受けることができたことです。次に、担任や担任助手の方々に、勉強の内容についてもモチベーションの面においても支えていただけたことです。私も担任助手として皆さんを支えられるよう頑張りますので、よろしくお願いします!
相原 遼太 くん 東京農工大学 工学部
東京都立調布北高校 卒 卓球部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
相原 遼太 くん 東京農工大学 工学部
担任助手として一言
自分は同日体験後東進に入学するまで勉強の習慣が全く着いておらず合格まで程遠いところにいましたが、東進入学後は合格までの計画をしっかりと練り毎日勉強することで合格を掴み取ることができました。毎日勉強することはとても辛く苦しいものかもしれませんが夢や将来のために一緒に頑張りましょう!困ったことがあったら是非相談に来てください!
原田 真結 さん 慶應義塾大学 経済学部
晃華学園高校 卒 放送部 東進ハイスクール武蔵境校 OG
原田 真結 さん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
受験において最も大切なことは、自分で考え、自分で決めることだと思っています。勉強楽しい!と思える人はそう多くありません。だからこそ、目の前の一問にどう向き合うかをしっかりと考えて解くことがとても大切です。皆さんが能動的に勉強に取り組み、前向きな気持ちで受験に臨めるように、一生懸命サポートしていきます。よろしくおねがいします!

→もっと見る

江原 早穂里 さん 学習院大学 文学部
東京都立調布北高校 卒 なぎなた部 東進ハイスクール武蔵境校 OG
江原 早穂里 さん 学習院大学 文学部
担任助手として一言
受験期を振り返ると様々な思い出がありますが、一番最初に出てくるのはお世話になった担任助手の方々への感謝の気持ちです。これからは、私が担任助手として皆さんの受験生活を精一杯支えていきたいと思っています。どんなことでも気軽に話せる、そしてどんな時も一人一人の気持ちに寄り添える存在になりたいです。一緒に頑張っていきましょう!よろしくお願いします!
坪地 晴香 さん 日本女子大学 家政学部
杉並学院高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール武蔵境校 OG
坪地 晴香 さん 日本女子大学 家政学部
担任助手として一言
東進に通っているとき模試の結果に落ち込むことが多かった私にとって励ましの言葉やアドバイスをくださった担任助手の方々は心の支えでした。また東進のさまざまなシステムを使って成績を伸ばすことができました。辛くなった時はいつでも相談してください。次は私が皆さんの力になれるように頑張ります。一緒に頑張りましょう!
広瀬 航希 くん 早稲田大学 文化構想学部
東京都立調布北高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
広瀬 航希 くん 早稲田大学 文化構想学部
担任助手として一言
長い受験期間では成績が思うように上がらなくて大変なこともありますが、そういったときに第一に頼ることのできるような担任助手になれるように精一杯のサポートをします。私も何度も担任助手の方々のお世話になりましたが、相談相手がいたことが受験を乗り越えられた大きな要因だと思っています。決して一人で塞ぎこまないで、どんなことでも相談して下さい!よろしくお願いします!
増田 明香 さん 早稲田大学 法学部
國學院大學久我山高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール武蔵境校 OG
増田 明香 さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
受験勉強は自分との長く、辛い戦いですが、人生において自らの軸となり得る唯一無二の経験になることも確かです。自分を常に客観視し、自主的に行動しましょう。そして、弱い自分に負けそうになった時こそ、ぜひ私たち担任助手を頼ってください!皆さんが第一志望校に合格できるよう真摯に、そして本気で向き合います。一緒に夢を掴みましょう!
白壁 勝真 くん 慶應義塾大学 理工学部
東京都立武蔵高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
白壁 勝真 くん 慶應義塾大学 理工学部
担任助手として一言
私は高2の夏に東進に入塾しました。東進での勉強では山あり谷ありでしたが、結果的には精神面でも勉強面でも成長することができました。受験勉強は辛いものでもありますが、自分を成長させることができるチャンスでもあるのでこの1年を大切に過ごしてほしいと思います。全力でサポートさせて頂きますので、一緒に頑張りましょう!
津久井 陸 くん 早稲田大学 教育学部
國學院高等学校 卒 バレー部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
津久井 陸 くん 早稲田大学 教育学部
担任助手として一言
僕は、推薦での大学進学を考えていましたが、それが上手くいかなかった時、一般受験への準備をそれまでにしていたため合格することが出来ました。その準備は、校舎長や担任助手の方々が相談に乗って、支えてくださったためできたことだと思っています。今度は、僕が皆さんを支えられる立場になれるよう頑張ります。よろしくお願いします。
吉原 泰造 くん 早稲田大学 教育学部
都立調布北高等学校 卒 卓球部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
吉原 泰造 くん 早稲田大学 教育学部
担任助手として一言
私は昨年、コロナウイルスや度重なる入試改革に振り回されながら、迫り来る受験に常に不安感を抱えていました。しかしそんな時にも、東進のスタッフの皆さんが勉強面や精神面を支えてくださったおかげで、大きな試練を乗り越えることができました。私はそこで受けた恩を、後輩の皆さんに精一杯返していきたいと思います。これからよろしくお願いします。
安藤 汐里 さん 専修大学 人間科学部

都立調布北高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール武蔵境校 OG
安藤 汐里 さん 専修大学 人間科学部
担任助手として一言
東私が東進に入塾して良かったと思うことは家でも授業が受けられることと、他の受験生とコミュニケーションをとれることです。学校がある日も自宅受講を利用することで朝の時間など有効活用できました。受験生の仲間と頑張れる環境を作るために、私も一生懸命頑張ります。よろしくお願い致します!
佐々 俊之 くん 東京大学 文科Ⅲ類
都立国立高校 卒 少林寺拳法部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
担任助手として一言
私の通っていた高校は3年生も文化祭に全力で取り組む学校だったので、夏休みはいかに勉強と両立出来るかが課題でした。しかし、受講時間に融通が利く東進では、そんな私でも無理なく勉強時間を確保することが出来ました。また、受験期には校舎長や担任助手のみなさんに相談にのってもらい、それが大きな心の支えとなりました。これからは私も受験生のみなさんを支える側として、全力で応援させていただきます。一緒に頑張りましょう!
森 朋寛 くん 青山学院大学 国際政治経済学部
都立石神井高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール武蔵境校 OB
担任助手として一言
僕は入塾した時期が高3の4月と遅く、部活も高3の秋まで続けていたので、勉強と部活の両立がとても大変でした。そんな時に武蔵境校のスタッフの方々に支えられ、受験を乗り越えることが出来ました。どんな状況でも親身になって相談に乗ってくれるスタッフがいます。
全力でサポートするので一緒にがんばりましょう!
中谷 正哉 くん 東京大学 文科Ⅰ類
私立海城高校 卒 東進ハイスクール武蔵境校 OB
担任助手として一言
私は受験期、模試の判定が悪く、勉強のモチベーションを落としてしまうことが度々ありました。しかし、担任助手の方々との面談のおかげで自分がなぜその大学を目指すのか、その理由・決意をその都度再確認でき、受験をやり切ることができました。受験期には様々な不安・悩みか生じると思います。担任助手として受験生の皆さんが相談でき、皆さんの支えとなれるよう精一杯頑張ります。よろしくお願いします。

校舎イベント紹介

生徒説明会

月に1度、あるいは2カ月に1度行われる生徒説明会では、勉強する上で時期毎に意識するべきことを、校舎スタッフから伝えます。日々の勉強していく中では、どうしても視野が狭くなってしまったり、自分に対して甘くなったりしてしまいます。そこで、定期的に校舎スタッフから受験をする上で大切なことについて、時には熱く、時には厳しく伝えていきます。また、具体的な勉強方法について、合格した先輩から話を伝えることもあり、気持ちを引き締め、モチベーションを上げる場として、定期的に実施しております。

朝の音読会

朝の音読会

ゴールデンウイークや長期休暇の際に実施される武蔵境校の名物イベント、それが「朝の音読会」です。朝の音読会では、発音・アクセントの重要単語を300個、実際に声に出して覚えよう、というもので、朝8:30〜実施されます。学校が休みのときはどうしても気が緩みがちですが、この企画を実施することで、発音・アクセントが得意になることはもとより、朝型の生活を促す、ということにもつなげています。朝の音読会効果で、センター試験の発音・アクセントはパーフェクト!という生徒も続々と出てきています。

特別公開授業

特別公開授業

東進の授業はt-PODで行われていますが、年に数回実施される特別公開授業では、講師の先生方が直接校舎に来て授業を行います。「生徒の憧れの先生が来る!」ということで非常に楽しみにしているイベントであり、「どうやって先生に喜んでもらうか」、「どうやって多くの人を集めるか」を、生徒の有志でPT(プロジェクトチーム)を結成し、特別公開授業当日まで準備を進めます。東進に通っていない生徒も参加できるので、非常に盛り上がるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。